Google Maps APIを使ったページの基本構成

広告

Google Maps APIを使うことでWebページの中に地図を使ったコンテンツを表示することができます。ここではGoogle Maps APIを実際に使ったWebページの簡単な例をご紹介します。

1.Google Maps APIを使ったWebページの構成
2.サンプルコード

まず元となるWebページとして次のようなものを使います。HTML5ベースです。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>Google Maps API サンプル</title>
  </head>
  <body>
    <p>自宅の地図です。</p>
  </body>
</html>

地図を表示したい場所に「map」という名前でdiv要素を記述します。このdiv要素があとから地図に置き換わります。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>Google Maps API サンプル</title>
  </head>
  <body>
    <p>自宅の地図です。</p>

    <div id="map" style="width:620px; height:400px"></div>

  </body>
</html>

この場合「自宅の地図です。」というテキストの下に地図が表示されることになります。div要素のサイズを明示的に指定していますが、指定の方法は自由にして頂いて構いません。少なくとも高さだけは何らかの形で指定して下さい、

次にGoogle Maps APIを読み込むための記述を追加します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>Google Maps API サンプル</title>
  </head>
  <body>
    <p>自宅の地図です。</p>

    <div id="map" style="width:620px; height:400px"></div>

    <script async defer
      src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=APIKey&callback=initMap">
    </script>
  </body>
</html>

2つのパラメータを指定します。「key」パラメータには前のページで取得したAPIキーを記述して下さい(上記「APIKey」と書かれている部分をご自身のAPIキーに書き換えて下さい)。「callback」パラメータにはAPIの読み込みが終わった後で呼び出される関数を記述します。なお「async」属性が設定されているので非同期で読み込まれます。

次に地図を実際に表示するためのスクリプトを記述します。座標とズームレベルを指定して地図を作成しています。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>Google Maps API サンプル</title>
  </head>
  <body>
    <p>自宅の地図です。</p>

    <div id="map" style="width:620px; height:400px"></div>

    <script type="text/javascript">
    function initMap() {
      var opts = {
        zoom: 15,
        center: new google.maps.LatLng(35.709984,139.810703)
      };
      var map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), opts);
    }
    </script>

    <script async defer
      src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=APIKey&callback=initMap">
    </script>
  </body>
</html>

Google Maps APIの読み込みが完了するとinitMap関数が呼び出され地図の描画が行われます。

Webページの中にGoogle Maps APIを記述する基本構成は以上となります。

では簡単なサンプルを作成して実際に試してみます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>Google Maps API サンプル</title>
  </head>
  <body>
    <p>瑞穂運動場です。</p>

    <div id="map" style="width:620px; height:400px"></div>

    <script type="text/javascript">
    function initMap() {
      var opts = {
        zoom: 15,
        center: new google.maps.LatLng(35.1239654, 136.9417741)
      };
      var map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), opts);
    }
    </script>

    <script async defer
      src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=APIKey&callback=initMap">
    </script>
  </body>
</html>

ブラウザで上記ページを開くと次のように表示されます。

p6-1

Webページ上にGoogle Maps APIを使って地図を表示することができました。

( Written by Tatsuo Ikura )