feedlyの使い方

広告
eyecatch

feedly はブラウザから利用できる RSS リーダーのサービスです。 RSS とは Web サイトやブログが配信している更新情報のことで、 RSS リーダーにお気に入りのサイトが配信している RSS を登録しておけば、一つ一つのサイトを見て回らなくても更新された情報をまとめて確認することができます。 feedly は基本的なサービスは無料で利用可能ですが、高機能な有料版も提供されています。ここでは feedly の使い方について解説します。

(2020 年 03 月 18 日公開 / 2020 年 03 月 18 日更新)

feedlyのアカウントを作成

feedly を利用するには次の URL へアクセスして下さい。

https://feedly.com/

feedlyのアカウントを作成(1)

画面上の「GET STARTED FOR FREE」をクリックしてください。

feedlyのアカウントを作成(2)

feedly のアカウントを作成する画面が表示されます。

feedlyのアカウントを作成(3)

Googleアカウントを使ってfeedlyを利用する

feedly のアカウントは表示されている Google や Facebook のアカウントなど既に利用されている方が使っている各種サービスのアカウントを使って利用できます。例えば Google アカウントを使う場合には「Continue with Google」をクリックしてください。

feedlyのアカウントを作成(4)

Google アカウントのログイン画面が表示されます。 feedly を利用する Google アカウントでログインしてください。

feedlyのアカウントを作成(5)

feedly が Google アカウントで利用できるようになりました。今後 feedly にログインする時には Google アカウントへログインすることで利用可能となります。

feedlyのアカウントを作成(6)

feedly用のアカウントを新規に作成する

もし既存のサービスのアカウントを使うのではなく、メールアドレスとパスワードを登録して feedly 用のアカウントを作成する場合には次の画面で「Continue with Feedly」をクリックしてください。

feedlyのアカウントを作成(7)

feedly のアカウントを作成する画面が表示されます。

feedlyのアカウントを作成(8)

利用者の氏名(Full name)、ログインに使用するメールアドレス(Email)、feedlyへのログイン用パスワード(Password)を入力し、その後で「CREATE MY ACCOUNT」をクリックしてください。

feedlyのアカウントを作成(9)

feedly のアカウントが作成されました。今後 feedly にログインする時には先ほど入力したメールアドレスとパスワードを使ってログインすることで利用可能となります。

feedlyのアカウントを作成(10)

各種サービスの既存のアカウントを使う場合も、 feedly 用のアカウントを作成する場合もログインすれば違いはありません。

feedlyへのログインとログアウト

feedly へログインする方法およびログアウトする方法についてです。

feedlyへのログイン

feedly へログインするにはアカウントを作成した時と同じ次の URL へアクセスして下さい。

https://feedly.com/

feedlyへのログイン(1)

画面右上の「LOGIN」をクリックして下さい。

feedlyへのログイン(2)

ログイン画面が表示されます。

feedlyへのログイン(3)

Google アカウントを使ってログインする場合には「Continue with Google」をクリックしてください。使用する Google アカウントにログインしている状態の場合は、すぐに feedly の画面が表示されます。Google アカウントにログインしていない場合には、 Google アカウントのログイン画面が表示されますのでログインしてください。

今回は feedly のアカウントを使ってログインする方法を試してみます。「Continue with Feedly」をクリックしてください。

feedlyへのログイン(4)

feedly へのログイン画面が表示されました。ログイン用のメールアドレスとパスワードを入力して「LOGIN」をクリックしてください。

feedlyへのログイン(5)

feedlyへのログイン(6)

feedly へのログインが完了しました。

feedlyへのログイン(7)

feedlyからのログアウト

feedly からログアウトする場合は、画面左下のプロフィール画像をクリックしてください。

feedlyからのログアウト(1)

表示されたメニューの中から「Logout」をクリックしてください。

feedlyからのログアウト(2)

feedly からのログアウトが完了しました。

feedlyからのログアウト(3)

RSSフィードを追加する

feedly を使ってブログや Web サイトの更新情報を閲覧するには、まず対象のサイトの RSS フィードを feedly に追加する必要があります。新しい RSS フィードを追加するには画面左側に表示されている「+」をクリックしてください。

RSSフィードを追加する(1)

新しい RSS フィードを検索するための画面が表示されます。

RSSフィードを追加する(2)

キーワードで検索してRSSフィードを追加する

検索ボックスにはキーワードやサイトの名称の一部、またはサイトの URL などを入力します。例えば「SEO」と入力すると、次のような検索結果が表示されます。

RSSフィードを追加する(3)

この中の「SOURCES」と表示されている部分が特定のブログや Web サイトの RSS フィードです。「TOPICS」や「KEYWORD ALERTS」についてはあとで解説します。

今回は表示された検索結果の中から次のサイトをクリックしました。

RSSフィードを追加する(4)

対象のサイト、および関連するサイトの一覧が表示されます。

RSSフィードを追加する(5)

RSSフィードを追加する(6)

この中に更新情報を受け取りたいサイトがありましたら、そのサイトに表示されている「FOLLOW」をクリックし、その後で「+ NEW FEED」をクリックしてください。

RSSフィードを追加する(7)

追加する RSS フィードのカテゴリを選択します。作成済みのカテゴリから選択するか、まだカテゴリが無い場合や新しいカテゴリを作成したい場合にはテキストボックスに入力してください。

RSSフィードを追加する(8)

今回はまだカテゴリがありませんので新しいカテゴリを作成します。テキストボックスに「アクセス解析」と入力し、その後で「CREATE」をクリックしました。

RSSフィードを追加する(9)

新しい RSS フィードの追加が完了しました。

RSSフィードを追加する(10)

追加された RSS フィードは、画面左側の「FEEDS」の下に表示されます。

RSSフィードを追加する(11)

対象のサイトのURLで検索してRSSフィードを追加する

RSS フィードを追加したいブログや Web サイトが決まっている場合は、そのサイトのタイトルやサイトの URL で検索してください。検索結果が表示されましたら、クリックしてください。

RSSフィードを追加する(12)

このあとの手順はキーワードで検索した場合と同じです。対象のサイトおよび関連するサイトの一覧が表示されますのでフォローを行ってください。

RSSフィードを追加する(13)

feedly への新しい RSS フィードの追加はこれで完了です。

RSSフィードの登録を削除する

feedly に登録した RSS フィードを後から削除するには、画面左側に表示されてる登録済みの RSS フィードの中から削除する RSS フィードを右クリックしてください。

RSSフィードの登録を削除する(1)

表示されたメニューの中から「Unfollow」をクリックしてください。

RSSフィードの登録を削除する(2)

確認ダイアログが表示されますので「YES, REMOVE」をクリックしてください。

RSSフィードの登録を削除する(3)

対象の RSS フィードの登録が削除されました。

RSSフィードの登録を削除する(4)

取得した更新情報を閲覧する

RSS フィードを登録しておくことで対象のブログや Web サイトからの更新情報を取得することができます。取得した更新情報を閲覧するには、画面左側に表示されている登録済みの RSS フィードの中から閲覧したいサイトのものをクリックしてください。

取得した更新情報を閲覧する(1)

取得している更新情報の中で、デフォルトの設定では未読の更新情報の一覧が表示されます。

取得した更新情報を閲覧する(2)

一覧の中で内容を確認したいものをクリックしてください。

取得した更新情報を閲覧する(3)

更新情報が表示されました。

取得した更新情報を閲覧する(4)

RSS フィードでは記事の全文を更新情報として配信するものと一部の抜粋だけを配信するものがあります。更新内容の元になっている記事を対象のサイトで閲覧するには「VISIT WEBSITE」をクリックしてください。記事のページが開きます。

取得した更新情報を閲覧する(5)

取得した更新情報を閲覧する(6)

更新情報の一覧に戻るには「×」をクリックしてください。

取得した更新情報を閲覧する(7)

戻った時には既読になったものも表示されていますが、画面右上に表示されている「Refresh」アイコンをクリックすると未読の更新情報だけが表示されます。

取得した更新情報を閲覧する(7)

取得した更新情報を閲覧する(8)

既読の更新情報を表示する

デフォルトの設定では、一度閲覧した記事は更新情報一覧に表示されなくなります。未読の記事に加えて既読の記事も表示したい場合には、画面右上に表示されている「・・・」をクリックしてください。

既読の更新情報を表示する(1)

表示されたメニューの中の「Unread only」項目にデフォルトではチェックが入っています。

既読の更新情報を表示する(2)

「Unread only」をクリックしてください。チェックが外れます。これで既読の更新情報も表示されるようになります。

既読の更新情報を表示する(3)

少し分かりずらいですが、一覧に表示された更新情報の中で既読の記事はタイトルが少し薄い色で表示されています。

既読の更新情報を表示する(4)

既読を未読に戻し未読を既読にする

更新情報の一覧を表示した時に、既読の記事を未読の状態に戻す方法です。変更したい記事にマウスを合わせると、記事の右上にいくつかのアイコンが表示されますので、この中から「Mark as unread」のアイコンをクリックしてください。

既読を未読に戻し未読を既読にする(1)

該当の記事が未読に戻りました。

既読を未読に戻し未読を既読にする(2)

今度は未読の記事を既読の状態する方法です。変更したい記事にマウスを合わせると、記事の右上にいくつかのアイコンが表示されますので、この中から「Mark as read」のアイコンをクリックしてください。

既読を未読に戻し未読を既読にする(3)

該当の記事が既読になりました。

既読を未読に戻し未読を既読にする(4)

更新情報の一覧画面のレイアウトを変更する

更新情報の一覧画面はデフォルトでは次のようなレイアウトとなっています。

更新情報の一覧画面のレイアウトを変更する(1)

レイアウトを変更するには画面右上に表示されている次のアイコンをクリックしてください。

更新情報の一覧画面のレイアウトを変更する(2)

レイアウトを選択する画面が表示されます。現在のレイアウトは「Magazine View」です。

更新情報の一覧画面のレイアウトを変更する(3)

別のレイアウトに変更する場合は変更したいレイアウトをクリックしてください。それぞれクリックした場合にどのようなレイアウトになるのかを下記に表示します。

Title-Only View:

更新情報の一覧画面のレイアウトを変更する(4)

Cards View:

更新情報の一覧画面のレイアウトを変更する(4)

Article View:

更新情報の一覧画面のレイアウトを変更する(4)

「あとで読む」に記事を追加する

更新情報を見ていて気になった記事があった場合は「あとで読む」に追加することができます。「あとで読む」に追加された記事はあとでまとめて見ることができます。「あとで読む」に記事を追加するには、追加したい記事にマウスを合わせ「Read Later」のアイコンをクリックしてください。

「あとで読む」に記事を追加する(1)

アイコンが緑色に表示されていれば「あとで読む」に追加された状態です。また「Read Later」と表示も行われます。

「あとで読む」に記事を追加する(2)

あとから「あとで読む」に追加された記事を読むには、画面左側に表示されている「Read Later」をクリックしてください。

「あとで読む」に記事を追加する(3)

「あとで読む」に追加された記事の一覧が表示されました。

「あとで読む」に記事を追加する(4)

「あとで読む」から記事を削除する

「あとで読む」から記事を削除するには、削除したい記事にマウスを合わせ、追加した時と同じアイコンをクリックしてください。(記事そのものが削除されるわけではありません)。

「あとで読む」に記事を追加する(5)

「あとで読む」から記事が削除されました。

新しいBoardを作成して記事を追加する

feedly では気になった記事をあとで読むために「あとで読む」機能が最初から用意されていますが、それ以外に新しい Board を作成して記事を追加することができます。 Board には任意の名前を付けることができるので、目的別に Board を作成し記事を追加し、後から一覧で記事を見ることができます。

Board に記事を追加するには、追加したい記事にマウスを合わせ「Save to board」をクリックしてください。

新しいBoardを作成して記事を追加する(1)

初めて Board を使用する場合には次のような表示がされます。「CREATE YOUR FIRST BOARD」をクリックしてください。

新しいBoardを作成して記事を追加する(2)

新しい Board の名前を入力します。入力が終わりましたら「CREATE」をクリックしてください。

新しいBoardを作成して記事を追加する(3)

新しいBoardを作成して記事を追加する(4)

次のように表示されれば新しい Board の作成と、 Board への記事の追加が完了します。

新しいBoardを作成して記事を追加する(5)

あとから Board に追加された記事を読むには、画面左側に表示されている「BOARDS」の下に表示されている Boadrd の一覧から表示したい Borads 名ををクリックしてください。

新しいBoardを作成して記事を追加する(6)

クリックした Board に追加された記事の一覧が表示されました。

新しいBoardを作成して記事を追加する(7)

Boardから記事を削除する

追加した Board から記事を削除するには、削除したい記事にマウスを合わせ、追加した時と同じアイコンをクリックしてください。

新しいBoardを作成して記事を追加する(8)

削除したい Board 名の右側に表示されている「SAVED」にマウスを合わせると「REMOVE」に表示が変わるのでクリックしてください。

新しいBoardを作成して記事を追加する(8)

新しいBoardを作成して記事を追加する(8)

Board から記事が削除されました。

更新情報で閲覧した記事をTwitterへ共有する

更新情報で見た記事を Twitter へ共有するには、更新情報の一覧から記事をクリックして更新情報を表示した状態から行います。

更新情報で閲覧した記事をTwitterへ共有する(1)

更新情報で閲覧した記事をTwitterへ共有する(2)

画面上部に色々なアイコンが表示されていますので、この中の Twitter のアイコンをクリックしてください。

更新情報で閲覧した記事をTwitterへ共有する(3)

同じブラウザで Twitter にログインしていた場合は、すぐに記事を共有してツイートするための画面が表示されます。共有する場合は「ツイート」をクリックしてください。

更新情報で閲覧した記事をTwitterへ共有する(4)

Twitter の画面を表示してみると、次のようなツイートが投稿されています。

更新情報で閲覧した記事をTwitterへ共有する(5)

なお投稿されたツイートに表示されている URL は、 feedly へのリンクではなく更新情報の元記事へのリンクとなっています。 URL をクリックすると元の記事が表示されます。

更新情報で閲覧した記事をTwitterへ共有する(6)

古い記事から順に更新情報を表示する

更新情報を表示すると、新しい記事から順に表示されますが、古い記事から順に表示するように切り替えることができます。変更するには更新情報の一覧画面で、画面右上に表示されてる「・・・」をクリックしてください。

古い記事から順に更新情報を表示する(1)

表示されたメニューの上の方にどのような順番で更新情報を表示するのかを設定する箇所があります。

古い記事から順に更新情報を表示する(2)

古い記事から順に表示するには「Oldest」をクリックしてください。

古い記事から順に更新情報を表示する(3)

更新情報が古い記事から順に表示されました。

古い記事から順に更新情報を表示する(4)

RSSフィード情報をOPML形式でインポート/エクスポートする

feedlyではOPML形式でのインポートとエクスポートに対応しています。feedlyで管理しているRSSフィードの情報を他のRSSリーダーで使えるようにエクスポートしたり、他のRSSリーダーのフィード情報をfeedlyにインポートする方法について解説します。

feedlyからOPML形式でエクスポートする

feedly から 現在取得している RSS フィードについてエクスポートするには、画面左下に表示されているプロフィールアイコンをクリックしてください。

feedlyからOPML形式でエクスポートする(1)

表示されたメニューの中から「Organize Sources」をクリックしてください。

feedlyからOPML形式でエクスポートする(2)

表示された画面の右上にある次のアイコンをクリックしてください。

feedlyからOPML形式でエクスポートする(3)

次の画面に表示されている「DOWNLOAD YOUR FEEDLY OPML」をクリックしてください。

feedlyからOPML形式でエクスポートする(4)

ダウンロードが開始されます。これで RSS フィードのエクスポートは完了です。

feedlyにOPML形式で保存されたRSSフィードをインポートする

同じ feedly に別のアカウントでログインしたあとで、先ほどエクスポートしたファイルをインポートしてみます。なお他の RSS リーダーでも OPML 形式に対応しているものならばインポート可能です。

feedlyにOPML形式で保存されたRSSフィードをインポートする(1)

画面左下に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「Organize Sources」をクリックしてください。

feedlyにOPML形式で保存されたRSSフィードをインポートする(2)

このアカウントでは現在 2 つ RSS フィードを追加しています。 OPML 形式で保存されたファイルをインポートするには、画面右上の「IMPORT OPML」をクリックしてください。

feedlyにOPML形式で保存されたRSSフィードをインポートする(3)

インポートの画面が表示されます。インポートするファイルを画面中央にドラッグ&ドロップするか「CHOOSE OPML FILE」をクリックしてインポートするファイルを選択してください。

feedlyにOPML形式で保存されたRSSフィードをインポートする(4)

インポートが開始されます。今回は 4 つの RSS フィードの情報をインポートしました。

feedlyにOPML形式で保存されたRSSフィードをインポートする(5)

インポートした RSS フィードは元々のカテゴリの情報も含めてインポートされました。

feedlyにOPML形式で保存されたRSSフィードをインポートする(6)

-- --

feedly の使い方について解説しました。

本ホームページ内の文書中の登録商標は、一般にその所有者のものです。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。