リクエストの基本形

広告

まずはオペレーションとしてItemLookupを使う場合の基本形を確認しておきます。

http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?
Service=AWSECommerceService
&AWSAccessKeyId=[AccessKey]
&Operation=ItemLookup
&Version=2009-07-01

「Operation」パラメータに対して「ItemLookup」を指定して下さい。

使用されるパラメータ

「ItemLookup」を使用する場合には必須のパラメータとオプションパラメータがあります。

ItemIdパラメータは検索するIDを指定します。このパラメータは必須のパラメータです。

ItemId

オプションパラメータとしてはIDの種類を指定するIdtypeパラメータなど次のパラメータが用意されています。

Condition
Idtype
MerchantId
OfferPage
RelatedItemsPage
RelationshipType
ReviewPage
ReviewSort
SearchIndex
TagPage
TagsPerPage
TagSort
VariationPage
ResponseGroup

それでは次のページ以降で各パラメータについて確認していきます。

ルート要素

オペレーションがItemSearchの場合にリクエストに対して取得するデータは次のようになっていました。

<?xml version="1.0" ?>
<ItemSearchResponse xmlns="http://webservices.amazon.com/AWSECommerceService/2009-07-01">
  ...
</ItemSearchResponse>

オペレーションがItemLookupの場合は次のように変わります。

<?xml version="1.0" ?>
<ItemLookupResponse xmlns="http://webservices.amazon.com/AWSECommerceService/2009-07-01">
  ...
</ItemLookupResponse>

ルート要素が「ItemSearchResponse」から「ItemLookupResponse」に変更となります。XSLTスタイルシートを使用する場合はルート要素が変わっていることに注意して下さい。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)