販売情報のページの指定(OfferPage)

広告

IDで商品を検索した時に、該当する商品に対する出品商品が多数ある場合に、表示する出品商品のページ数を指定します。1つのページには最大で10個の出品商品の情報が表示されます。書式は次の通りです。

OfferPage=<ページ番号>

パラメータ名として「OfferPage」を使います。デフォルトの値は「1」となっており、最大で100ページまで指定可能です。

新品のみを対象としている場合には1つのIDに対する商品は通常1つですが、例えば「MerchantId」パラメータに「All」を指定して全ての出品者を対象にし、出品商品の状態も「Condition」に「All」を指定して中古品も対象にした場合に、1つの商品に対する出品商品の数が多数含まれることになります。1ページには10個の商品が含まれますので、11個よりあとの商品を確認するにはOfferPageプロパティを利用して下さい。

※「MerchantId」パラメータについては「出品者ID(MerchantId)」を参照して下さい。また「Condition」パラメータについては「商品の状態(Condition)」を参照して下さい。

記述例としては次のようになります。

OfferPage=2

実際に使用する場合は次のようになります。

http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?
Service=AWSECommerceService
&AWSAccessKeyId=[AccessKey]
&Version=2009-07-01
&Operation=ItemLookup
&ItemId=4344016645
&OfferPage=2
&MerchantId=All
&Condition=All

サンプル

では簡単なサンプルで試しておきます。

http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?
Service=AWSECommerceService
&AWSAccessKeyId=[AccessKey]
&Version=2009-07-01
&ResponseGroup=Small,OfferFull
&Operation=ItemLookup
&ItemId=4163280804
&OfferPage=1
&MerchantId=All
&Condition=All

※必要に応じてURLエンコードして下さい。

販売情報のページの指定(OfferPage)

15個の商品の中の1から10までの商品情報が表示されます。

同じリクエストでOfferPageプロパティに2を指定して送信してみます。

http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?
Service=AWSECommerceService
&AWSAccessKeyId=[AccessKey]
&Version=2009-07-01
&ResponseGroup=Small,OfferFull
&Operation=ItemLookup
&ItemId=4163280804
&OfferPage=2
&MerchantId=All
&Condition=All

販売情報のページの指定(OfferPage)

残りの11から15までの商品情報が表示されます。

なお使用したXSLTスタイルシートは「itemlookyp5-1.xsl」です。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)