Signed Requests Helper

広告

Signed Requests HelperはAmazonが提供しているサービスでリクエストに簡単にタイムスタンプと署名を付与してくれます。次のURLをご覧下さい。

Signed Requests Helper

Signed Requests Helper

まず画面上部の「AWS Access KeyID」と「AWS Secret Access Key」に入力して下さい。(下記の値はダミーの値です)。

Signed Requests Helper

Signed Requests Helper

続いて「Unsigned URL:」と書かれた右側のテキストエリアにリクエストを入力して下さい。

Signed Requests Helper

入力が終わりましたら画面一番下にある「Display Signed URL」と書かれたボタンを押して下さい。

Signed Requests Helper

次のように画面表示が行われます。

Signed Requests Helper

まず「Name-Value Pairs:」はパラメータ毎に分解した結果が表示されます。この時点でタイムスタンプが付けられています。

その下の「Sorted Pairs:」はパラメータを並べ替えた結果が表示されます。

その下の「String-To-Sign:」は署名を計算する前の文字列が表示されます。

最後の「Signed URL:」に署名とタイムスタンプが付いた最終的なリクエストが表示されています。このリクエストをブラウザのURL欄に入力すればリクエストが送信されて結果が返されます。

では正しいAccess KeyとSecret Access Keyを使い作成した署名付きリクエストをブラウザのURLに入力して試してみます。

Signed Requests Helper

無事結果を取得できました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)