レビューの表示

広告

商品のレビューを取得する方法を確認します。レビューを取得するにはレビューが含まれるResponseGroupプロパティの値を指定して下さい。(詳しくは「取得する情報の種類(ResponseGroup)」を参照して下さい)。

取得したデータの中でレビューに関するデータは「Item」要素の中に含まれています。

<CustomerReviews>
  <AverageRating>4.0</AverageRating> 
  <TotalReviews>12</TotalReviews> 
  <TotalReviewPages>3</TotalReviewPages> 
  <Review>
    <ASIN>4797339535</ASIN> 
    <Rating>4</Rating> 
    <HelpfulVotes>2</HelpfulVotes> 
    <CustomerId>AYNFYQIJXKZMA</CustomerId> 
    <Reviewer>
      <CustomerId>AYNFYQIJXKZMA</CustomerId> 
      <Name>実務開発者</Name> 
    </Reviewer>
    <TotalVotes>4</TotalVotes> 
    <Date>2009-06-12</Date> 
    <Summary>JAVA言語入門の上巻として最適な一冊</Summary> 
    <Content>Javaの言語解説としてこれほど正確かつ分かり易く(以下略)</Content> 
  </Review>
  <Review>
    ...
  </Review>
  <Review>
    ...
  </Review>
  <Review>
    ...
  </Review>
  <Review>
    ...
  </Review>
</CustomerReviews>

1つの商品に対して複数のレビューが投稿されている場合、「CustomerReviews」要素には複数の「Review」要素が含まれています。内には含まれている場合があります。各要素の意味は次の通りです。

要素名内容
AverageRatingおすすめ度の平均
TotalReviewsレビュー数
TotalReviewPagesレビューのページ数(1ページあたり最大で5つのレビュー)
Ratingレビューのおすすめ度
HelpfulVotes「このレビューが参考になった」人の数
TotalVotesレビューの評価者数
Dateレビューの投稿日
Summaryレビューのサマリー
Contentレビュー内容全文

今回はレビュー全体に関しては「AverageRating」要素、個々のレビューについては「Rating」要素と「Summary」要素を取得してみます。

<xsl:template match="aws:ItemSearchResponse/aws:Items/aws:Item">
  <p>
  [おすすめ度] <xsl:value-of select="aws:CustomerReviews/aws:AverageRating" /><br />
  </p>

  <xsl:apply-templates select="aws:CustomerReviews/aws:Review"/>
</xsl:template>

<xsl:template match="aws:CustomerReviews/aws:Review">
  <p>
  [評価:<xsl:value-of select="aws:Rating" />]
  <xsl:value-of select="aws:Summary" />
  </p>
</xsl:template>

今回はレビューの数だけ繰り返しを行いますので「Review」要素に対するテンプレートルールを別途記述してあります。

サンプル

では実際に試してみます。まず次のようなXSLTスタイルシートを用意します。

ecs9-1.xsl

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<xsl:stylesheet 
  xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform" 
  xmlns:aws="http://webservices.amazon.com/AWSECommerceService/2009-07-01"
  version="1.0">
<xsl:output method="html" encoding="UTF-8"/>

<xsl:template match="/">
  <html lang="ja">
  <head>
  <title>XSLサンプル</title>
  </head>
  <body>

  <xsl:apply-templates select="aws:ItemSearchResponse/aws:Items/aws:Item"/>

  </body>
  </html>
</xsl:template>

<xsl:template match="aws:ItemSearchResponse/aws:Items/aws:Item">
  <p>
  <xsl:element name="img">
    <xsl:attribute name="src">
      <xsl:value-of select="aws:ImageSets/aws:ImageSet/aws:MediumImage/aws:URL" />
    </xsl:attribute>
    <xsl:attribute name="width">
      <xsl:value-of select="aws:ImageSets/aws:ImageSet/aws:MediumImage/aws:Width" />
    </xsl:attribute>
    <xsl:attribute name="height">
      <xsl:value-of select="aws:ImageSets/aws:ImageSet/aws:MediumImage/aws:Height" />
    </xsl:attribute>
    <xsl:attribute name="alt">
      <xsl:value-of select="aws:ItemAttributes/aws:Title" />
    </xsl:attribute>
  </xsl:element>
  </p>

  <p>
  [おすすめ度] <xsl:value-of select="aws:CustomerReviews/aws:AverageRating" /><br />
  </p>

  <xsl:apply-templates select="aws:CustomerReviews/aws:Review"/>
</xsl:template>

<xsl:template match="aws:CustomerReviews/aws:Review">
  <p>
  [評価:<xsl:value-of select="aws:Rating" />]
  <xsl:value-of select="aws:Summary" />
  </p>
</xsl:template>

</xsl:stylesheet>

次のようなリクエストを送信します。(「Style」パラメータにはXSLTスタイルシートを設置したURLを指定して下さい)。

http://xml-jp.amznxslt.com/onca/xml?
Service=AWSECommerceService
&AWSAccessKeyId=[AccessKey]
&Version=2009-07-01
&ResponseGroup=Small,Images,Reviews
&Operation=ItemSearch
&SearchIndex=Books
&Keywords=Java
&ContentType=text/html
&Style=http://www.example.com/ecs9-1.xsl

結果として取得したXMLデータがXSLTスタイルシートによって変換され次のように出力されます。

レビューの表示

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)