Gmalに届いたメールを他のメールアドレスへ自動転送する

広告

自分宛てに届いた全てのメール(ただし迷惑メールを除く)を自動的に他のメールアドレスへ転送することができます。このような自動転送の設定方法について解説します。また自動転送の送信先に指定するメールアドレスは事前に登録が必要です。転送先のメールアドレスを登録する方法についてもあわせて解説します。

1.転送先メールアドレスを登録する
2.自動転送を有効にする
3.自動転送の動作テスト
4.自動転送が有効なのに転送されないメールについて
5.自動転送を無効にする

転送先メールアドレスの登録を行うにはGmailの画面右上に表示されている歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「設定」をクリックして下さい。

p1-1

設定画面が表示されますので「メール転送とPOP/IMAP」タブをクリックして下さい。

p1-2

「転送」の箇所にある「転送先アドレスを追加」をクリックして下さい。

p1-3

転送先メールアドレスを入力する画面が表示されます。メールアドレスを入力し、「次へ」をクリックして下さい。

p1-4

次のようなウィンドウが表示されますので「続行」をクリックして下さい。

p1-5

先ほど入力したメールアドレス宛に確認メールが送信されました。「OK」をクリックして下さい。

p1-6

転送先に指定してメールアドレス宛には次のようなメールが届きます。このメールに記載されている確認コードを覚えておいて下さい。

p1-7

転送の設定を行っているアカウントの画面に戻り、先ほどのメールに記載されていた確認コードを次の個所に入力して下さい。入力が終わりましたら「確認」をクリックして下さい。

p1-8

転送先として使用可能なメールアドレスの登録が完了しました。

p1-9

自動転送の設定で転送できるメールアドレスは1つだけです。ただ転送先として指定するメールアドレスは複数登録しておき、自動転送を設定する時に選択することはできます。あとで選択する画面を表示できるように先ほどと同じ手順でもう一つ転送先メールアドレスを登録しておきました。

現在登録済の転送先メールアドレスを確認するには次の個所のドロップダウンメニューをクリックして下さい。登録済のメールアドレスが表示されます。

p1-10

それでは自動転送を行うように設定します。転送先メールアドレスを設定した時と同じ「転送」の項目で設定を行います。

p1-11

転送の設定は、(1)転送先の選択、(2)転送したメールをどうするかの選択、を行います。最初に「受信メールをxxxへ転送して」の個所にあるドロップダウンメニューにて転送先のメールアドレスを選択して下さい(転送先メールアドレスが1つしか登録されていない場合は不要です)。

p1-12

次に転送したメールを転送元の方でどうするのかについて選択します。「受信トレイに残す」「既読にする」「アーカイブする」「削除する」の4つから選択できます。今回は「受信トレイに残す」を選択しました。

p1-13

最終的に次のような設定となりました。このメールアドレス宛に届いたメールは自動的に別のメールアドレスへ転送されますが、このメールアドレスの受信トレイにもそのまま残ります。

p1-14

設定が終わりましたら画面下部の「変更を保存」をクリックして下さい。

p1-15

メールの自動転送が有効になりました。自動転送が有効になるとGmailの画面上部に次のような表示がされます。この表示は6日経過すると表示されなくなります。

p1-16

それでは自動転送が動作しているかどうか確認してみます。次のようなメールを自動転送を設定しているメールアドレス宛に送信しました。

p1-17

送信されたメールは送信先にいったん届きますが、自動転送が設定されていますのでメールは転送先に指定してあるメールアドレス宛に転送されます。

p1-18

また転送したメールは「受信トレイに残す」に設定してありますので、転送を行ったアカウントの受信トレイにも同じメールが残っています。

p1-19

このように自動転送を設定しておくと、届いたメールを他のメールアドレスへ自動的に転送することができます。

自動転送が有効になっていても、メールの送信先にメールが届いた時に迷惑メールと判定されるとそのメールの転送は行われません。

p1-20

迷惑メールと判定されたメールも含めて自動転送を行う方法はありません。

自動転送を無効にするには、転送先メールアドレスを設定した時と同じ「転送」の項目で「転送を無効にする」を選択して下さい。

p1-21

設定が終わりましたら画面下部の「変更を保存」をクリックして下さい。

p1-22

自動転送が無効となりました。自動転送を無効にしても転送用メールアドレスの登録はそのまま残っていますので、また改めて自動転送を有効にする場合は登録されたままの転送用メールアドレスを利用することができます。

( Written by Tatsuo Ikura )