連絡先のエクスポートとインポート

広告

Google連絡先のデータをエクスポートして外部に保存する方法、そして外部のデータをGoogle連絡先にインポートする方法について解説します。

1.連絡先をエクスポートする
2.連絡先をインポートする

最初に連絡先のデータをエクスポートしてみます。Google連絡先を表示して下さい。

p13-1

画面左側に表示されている「もっと見る」をクリックし、展開されて表示されたメニューの中から「エクスポート」をクリックして下さい。

p13-2

現在のGoogle連絡先ではまだエクスポートをサポートしていないため以前のバージョンのものを使用します。「以前のバージョンを使う」をクリックして下さい。

p13-3

以前のバージョンの連絡先が表示されました。

p13-4

エクスポートしたい連絡先にチェックを行ってから、画面上部にある「その他」をクリックし、表示されたメニューの中から「エクスポート」をクリックして下さい。

p13-5

エクスポートする連絡先とエクスポート形式を選択します。エクスポート形式は「Google CSV形式」「Outlook CSV形式」「vCard形式」から選択できます。

p13-6

今回はエクスポートする連絡先は最初に選択した6件の連絡先、エクスポート形式は「Google CSV形式」としました。選択が終わりましたら「エクスポート」をクリックして下さい。

p13-7

選択した連絡先のデータがエクスポートされ、「google.csv」というファイル名で保存されました。

先ほどエクスポートしたGoogleアカウントとは別のGoogleアカウントに連絡先をインポートしてみます。Google連絡先を表示して下さい。現在このアカウントでは1件だけ連絡先が登録されています。

p13-8

画面左側に表示されている「もっと見る」をクリックし、展開されて表示されたメニューの中から「インポート」をクリックして下さい。

p13-9

どこからインポートするのかを選択する画面が表示されます。他のサービスなどからもインポートが行えるようです。今回は先ほどエクスポートしたデータを使用しますので「CSVまたはvCardファイル」をクリックします。

p13-10

現在のGoogle連絡先ではまだこの形式でのインポートをサポートしていないため以前のバージョンのものを使用します。「以前のバージョンを使う」をクリックして下さい。

p13-11

以前のバージョンの連絡先が表示されました。

p13-12

画面左側に表示されている「連絡先をインポート」をクリックして下さい。

p13-13

インポートするファイルを選択する画面が表示されます。「ファイルを選択」をクリックしてインポートするファイルを選択して下さい。

p13-14

ファイルの選択が終わりましたら「インポート」をクリックして下さい。

p13-15

インポートが完了しました。元のGoogle連絡先に戻ります。画面左側に表示されている「コンタクトのプレビューを試す」をクリックして下さい。

p13-16

これで連絡先のインポートは完了です。元々登録されていた1件の連絡先はそのままに、インポートしたファイルに記載されていた6件の連絡先が追加されて合計7件の連絡先が表示されています。

p13-17

またインポートを行うと、自動的にインポートをした時の日時で新しいグループラベルが作成され、インポートした連絡先を確認することができます。

p13-18

-- --

Google連絡先で連絡先をエクスポートする方法、そしてインポートする方法について解説しました。

Gmailの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )