メール送信時に送信先を自動的に連絡先へ登録しないようにする

広告

Gmailのデフォルトの設定では、メールを送信すると自動的に「その他の連絡先」にメールの送信先を登録します。ここではどのように登録されるのかを確認し、自動的に登録されないように設定変更を行う方法を解説します。

1.メール送信時に連絡先にどのように登録されるのかを確認する
2.自動で登録されないように設定する

最初にメールを送信した時に連絡先にどのように登録されるのかを確認してみます。次のように「To」「Cc」「Bcc」にそれぞれ送信先を指定したテストメールを送信してみました。

p4-1

メールを送信後、Google連絡先を表示します。

p4-2

画面左側に表示されている「もっと見る」をクリックして下さい。

p4-3

メニューが展開して表示されますので「その他のメニュー」をクリックして下さい。

p4-4

「その他の連絡先」に登録されている連絡先一覧が表示されます。

p4-5

先ほど送信したメールの送信先として「To」「Cc」「Bcc」に指定した3つのメールアドレスが全て「その他の連絡先」に登録されていることが確認できます。

p4-6

このようにメールを送信すると、送信先に指定されたメールアドレスは自動的に「その他の連絡先」に登録されます。「その他の連絡先」に登録されているメールアドレスも「連絡先」に登録されているメールアドレスと同じように新しいメールを作成した時にメールアドレスの候補として表示されます。

p4-7

それではいったん「その他の連絡先」に登録された連絡先を削除して下さい。(削除のやり方は「連絡先を削除する」をご参照下さい)。

メールを送信した送信先が自動で「その他の連絡先」に登録されると、次に同じ相手にメールを作成する時に、送信先の候補がオートコンプリートで表示されるため便利です。ただし連絡先がどんどん追加されていくと使いずらくなる場合もあります。このような場合には、メールを送信した相手を自動で登録しないように設定することができます。

設定を行うには、Gmailの画面で画面右上の歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「設定」をクリックして下さい。

p4-8

設定画面が表示されます。最初は「全般」タブが表示されていると思いますが、他のタブが開いて場合には「全般」タブをクリックして下さい。

p4-9

「連絡先を作成してオートコンプリートを利用」の項目を見て下さい。

p4-10

現在は「新しいユーザーにメールを送信すると、そのユーザーを [その他の連絡先] に追加して次回からオートコンプリート機能で入力できるようにする」が選択されておりメール送信時に自動的に「その他の連絡先」に送信先が登録されるようになっています。登録されないようにするには「手動で連絡先を追加する」を選択して下さい。

p4-11

設定を変更したら、画面下部に表示されている「変更を保存」をクリックして下さい。これで設定変更は完了です。

p4-12

-- --

では改めてメールを送信してみます。今度は次のようなメールを送信しました。

p4-13

メール送信後、Google連絡先を開き「その他の連絡先」を表示してみると、連絡先が一つも登録されていませんでした。

p4-14

このように「連絡先を作成してオートコンプリートを利用」の設定を変更することで、メールを送信しても送信先を自動で「その他の連絡先」に追加されないようにすることができます。

Gmailの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )