ラベルの色と名前の変更を変更する

広告

自分で作成したラベルは背景色やテキストの色を変更することができます。また作成する時に設定してラベル名も変更ができます。ここでは作成済のラベルの色や名前を変更する方法について解説します。

1.ラベルの背景色とテキスト色を変更する
2.ラベルの名前を変更する

Gmailの画面左側にはラベルリストが表示されています。ここには「受信トレイ」や「下書き」など最初から用意されているシステムラベルに加えて自分が作成したラベルが表示されてます。

p3-1

一部のラベルは最初は非表示となっています。表示されていないラベルを表示するには「その他のラベル▼」をクリックして下さい。

p3-2

「すべてのメール」や「ゴミ箱」など表示されていなかったラベルが表示されます。(元の表示に戻すには一番下に表示されている「一部のラベルを非表示▲」をクリックして下さい)。

p3-3

-- --

「下書き」など最初から用意されているシステムラベルは編集することができませんが、自分で作成したラベルは色を変更したり名前を変更したりすることができます。まず最初にラベルの色を変更してみます。変更を行いたいラベルにマウスを合わせると右側に矢印が表示されますのでクリックして下さい。

p3-4

ラベルに対するメニューが表示されます。

p3-5

メールにラベルを追加すると受信トレイなどメール一覧を表示した時にメールに追加されているラベルが次のように表示されます。

p3-6

またメールを表示した時も、メールの上部に追加されているラベルが次のように表示されます。

p3-7

ラベルの色を変更するには「ラベルの色」をクリックして下さい。するとラベルに設定できる背景色とテキストの色の組み合わせが表示されます。

p3-8

設定したい色をクリックして下さい。今回は青系の背景に白いテキスト色のものをクリックしました。

p3-9

すぐにラベルの色に反映されます。

p3-10

p3-11

なおラベルの色を選択する時に「カスタム色を追加」をクリックすると背景色とテキストの色をより細かく設定することができます。

p3-12

次にラベルの名前を変更する方法です。ラベルの色を変更した場合と同じく名前を変更したいラベルにマウスを合わせると右側に矢印が表示されますのでクリックして下さい。そして表示されたメニューの中から「編集」をクリックして下さい。

p3-13

ラベルの編集画面が表示されます。

p3-14

ラベル名を直接書き換えて下さい。編集が終わりましたら「保存」をクリックして下さい。

p3-15

ラベル名の変更が完了しました。

p3-16

ラベル名を変更すると、変更されたラベルが追加されていたメールのラベル名も自動的に変更になります。

p3-17

-- --

ラベルの背景色とテキストの色、そしてラベル名を変更する方法について解説しました。

Gmailの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )