ラベル毎にメールリスト(受信トレイなどのメール一覧画面でラベルが表示される場所)に表示するか非表示にするのかを設定する

広告
eyecatch

Gmailでは受信トレイなどメールを一覧表示した時、メールに追加されているラベルが表示され場所をメールリストと呼んでいます。ここではラベル毎にメールリストに表示するかどうかについて設定する方法を解説します。

メールリストとは

Gmailでは受信トレイやラベルリストでラベルをクリックすると、メールの一覧が表示されます。この時各メールの先頭にメールに追加されているラベルの一覧が表示されます。この部分をメールリストと呼んでいます。下記は受信トレイを表示したものです。

p7-1

システムラベルの中でラベルリストに表示されるラベルは「受信トレイ」だけです。ただ「受信トレイ」を表示している時は「受信トレイ」ラベルは省略されます。

今度はラベルリストで「仕事関係」をクリックし、「仕事関係」のラベルが追加されたメールの一覧を表示してみます。

p7-2

各メール毎にメールリストが表示されます。今回は「受信トレイ」ラベルは表示され、「仕事関係」ラベルは省略されます。

このようにGmailではメールの一覧画面で「受信トレイ」ラベルと自分で作成したラベルがメールリストとして表示されます。

ラベルをメールリストに表示するかどうか

作成したラベルはデフォルトの設定ではメールリストに表示されます。メールリストに表示されないようにするには、該当のラベルにマウスをあわせ、表示された次のアイコンをクリックしてください。

p7-3

現在「メールリスト」については「表示する」にチェックマークが入っています。「メールリスト」の中の「表示しない」をクリックしてください。

p7-4

「友達」ラベルがメールリストに表示されなくなりました。

p7-5

なお「受信トレイ」ラベルを非表示にすることはできません。またメールリストで非表示にしても、メールを開くとメールに追加されているラベルはすべて表示sされます。

p7-6

-- --

メールリストにラベルを表示するかどうかを設定する方法について解説しました。

Gmailの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)