ラベルを階層化する

広告

Gmailではラベルを階層化して作成することができます。数多くのラベルを作成する場合などラベルを階層化することで関連したラベルをまとめることができます。ここではラベルを階層化して作成し利用する方法について解説します。

1.親ラベルを持つラベルを作成する
2.階層化されたラベルがどのように表示されるのか
3.子ラベルを親に持つラベルの作成

ラベルを階層化する場合、新しいラベルを作成する時や既存のラベルを編集する時に親となるラベルを指定することで階層化することができます。階層化できるのはユーザーが作成したラベルだけです。受信トレイなどのシステムラベルを親に持つようなラベルは作成することができません。

例として「仕事関係」ラベルの下に別のラベルを作成してみます。ラベルの新規作成画面を表示して下さい。(ラベルの新規作成の手順については「新しいラベルを追加してメールに追加する」を参照して下さい)。

p9-1

ラベルの新規作成画面ではラベル名を指定するテキストボックスの下に「次のラベルの下位にネスト」という項目があります。下矢印をクリックすると、既に作成済のラベル一覧が表示されますので、この中から親となるラベルを選択して下さい。

p9-2

ラベル名などを入力してから「作成」をクリックして下さい。

p9-3

他のラベルを親に持つラベルが作成されました。同じように「仕事関係」を親に持つ「社内連絡」ラベルも作成しておきました。

階層化されたラベルがどのように表示されるのかを確認してみます。まずはラベルリストです。ラベルリストを表示すると、親を持つラベルは最初は表示されていません。その代り子ラベルを持つラベルには矢印が表示されています。

p9-4

矢印をクリックすると子ラベルが展開されて表示されます。

p9-5

またメール一覧やメールを表示した時に表示されるラベルは「親ラベル/子ラベル」の形式で表示されます。今回であれば「仕事関係/お客様関係」や「仕事関係/社内連絡」と表示されます。

p9-6

親ラベルを持つ子ラベルを親としてさらに階層を深くしたラベルを作成することもできます。新しいラベルの作成画面を表示して下さい。

p9-7

親となるラベルを選択するために「次のラベルの下位にネスト」の下の矢印をクリックすると親を持つ子ラベルも選択することができます。今回は「仕事関係/社内連絡」を選択してみました。

p9-8

ラベル名などを入力してから「作成」をクリックして下さい。

p9-9

子ラベルを親に持つラベルが作成されました。ラベルリスト上では次のように表示されます。

p9-10

またメール一覧やメールを表示した時には「親ラベル/子ラベル/孫ラベル」の形式で表示されます。今回であれば「仕事関係/社内連絡/部署連絡」と表示されます。

p9-11

-- --

ラベルを階層化して利用する方法について解説しました。子ラベルの親となったラベルも通常のラベルと同じようにメールに追加することができます。

Gmailの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )