返信先アドレス(Reply-toヘッダー)を設定する

広告

送信したメールに相手の方が返信を行うと、送信元に設定されたメールアドレスが返信メールの宛先メールアドレスに自動的に設定されますが、Reply-toヘッダーを使うことで返信時に設定される宛先メールアドレスを任意のアドレスに設定することができます。

GmailでもReply-toヘッダーの設定は可能です。ここではReply-toヘッダーの設定方法について解説します。

1.返信時に送信先に設定されるメールアドレスを確認する
2.返信先アドレスを設定する
3.返信先アドレスの動作を確認する

最初に返信先アドレスを設定していない場合の挙動について確認します。次のようなメールを送信しました。

p17-1

メールを受け取った人が返信メールを作成すると、返信メールの宛先は元のメールの送信元メールアドレスが設定されます。

p17-2

それでは返信先アドレスを設定します。返信先アドレスは1つだけ設定できます。メールアドレスを追加している場合はメールアドレス毎に1つずつ設定できます。設定を行うには画面右上の歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「設定」をクリックして下さい。

p17-3

設定画面が表示されます。「アカウントとインポート」タブをクリックして下さい。

p17-4

「名前」の個所を見て頂くと、Gmailのメールアドレスと追加したメールアドレスが表示されています。(メールアドレスの追加については「メール送信時に別のメールアドレスをFromに設定する」を参照されて下さい)。

p17-5

返信先メールアドレスを設定したいメールアドレスの右側に表示されている「情報を編集」をクリックして下さい。今回はGmailのメールアドレスに対して設定してみます。

p17-6

「メールアドレスの編集」画面が表示されます。「別の返信先アドレスを指定」をクリックして下さい。

p17-7

返信先アドレスとして設定したメールアドレスをテキストボックスに入力して下さい(事前に登録など必要なく任意のメールアドレスを入力できます)。入力が終わりましたら「変更を保存」をクリックして下さい。

p17-8

返信先メールアドレスが設定されました。設定されたメールアドレスは「名前」の個所に表示されます。

p17-9

では改めて次のようなメールを送信しました。

p17-10

メールを受け取った人が返信メールを作成すると、返信メールの宛先は元のメールの送信元メールアドレスではなく設定していた返信先メールアドレスが設定されます。

p17-11

なお返信先メールアドレスが設定されているかどうかは、届いたメールの詳細を表示することで確認することができます。

p17-12

それでは返信先メールアドレスが設定されたメールのソースを確認してみます。

Delivered-To: buzzwriter.jp@gmail.com
Received: ----
Reply-To: hyperpro.jp@outlook.jp
Date: ----
Message-ID: ----
Subject: ----
From: Hanako <hyperpro.jp@gmail.com>
To: "山田太郎" <buzzwriter.jp@gmail.com>

返信先アドレスを表す「Reply-To」ヘッダーが追加されており、その値が設定した返信先メールアドレスになっていることが確認できます。

返信先メールアドレスは、メールに対して返信する場合に送信者とは別のメールアドレスに対して送って欲しい場合に便利な機能です。ただ送信者毎に1つしか設定できず、メールの作成時ではなくあらかじめて設定しておく必要がありますので、一時的に設定変更を行いたかった場合には元に戻しておくことを忘れないようにしてください。

( Written by Tatsuo Ikura )