Gmailで使用可能な別名アドレス(エイリアス)

広告
eyecatch

Gmailでは1つのアカウントにつき1つのメールアドレスとなっています。別のGmailアカウントを取得することはできますが、同じアカウントでサブアドレスのようなものを取得することはできません。ただ1つのメールアドレスでも使い分けができるような仕組みがGmailで用意されており別名アドレス(エイリアス)のように使用することができます。ここではGmailで使用可能な別名アドレスについて解説します。

ユーザー名+任意の文字列

Gmailでは自分のユーザー名の後に「+」を付けた上で任意の文字列を付け加えたものも使用することができます。例えば自分のメールアドレスが「username@gmail.com」だった場合、「username+任意の文字列@gmail.com」のようなメールアドレスも使用できます。具体的には次のようなメールアドレスです。

username+job@gmail.com
username+present@gmail.com
username+question@gmail.com

あくまで元になっているメールアドレスの別名ですので、これらのメールアドレス宛てに届いたメールは全て「username@gmail.com」に届きます。

同じメールアドレス宛てに届いてしまうのであれば意味が無いと思われるかもしれませんが、Gmailのフィルタ機能を使って送信先のメールアドレス毎に異なる動作をさせることができます。例えばプレゼントの応募の時には「username+question@gmail.com」というメールアドレスを公開しておくことで、プレゼント用に届いたメールに送信先でフィルタをかけ特別なラベルを付けて管理するといった使い方ができます。

それでは実際に試してみます。本来のメールアドレスに「+campaign」を付けた「buzzwriter.zz+campaign@gmail.com」メールアドレスに対して外部からメールを送信してみます。

p18-1

このメールは「buzzwriter.zz@gmail.com」のGmailアカウントに届きました。

p18-2

メールを開いて送信先メールアドレスを確認してみると、送信元でメールを作成した時に入力したメールアドレスのまま届いています。

p18-3

もう一つ、今度は本来のメールアドレスに「+study」を付けた「buzzwriter.zz+study@gmail.com」メールアドレスに対して外部からメールを送信してみます。

p18-4

このメールも同じように「buzzwriterzz@gmail.com」のGmailアカウントに届きました。

p18-5

このように「username@gmail.com」と「username+any@gmail.com」は同じGmailのアカウントでメールを受け取ることができます。イベントなどで問い合わせ先メールアドレスを公開する時に、それぞれ異なる文字列を追加したメールアドレスを公開しておけば、受け取ったメールの送信先メールアドレス毎にフィルタを設定して振り分けを簡単に行うことができます。

ドット(ピリオド)の有る無し

Gmailではメールアドレスのユーザー名部分について、ドット(ピリオド)の有る無しが違うだけのメールアドレスは同一として扱われます。例えばGmailで取得したメールアドレスが「username@gmail.com」だった場合、「user.name@gmail.com」など次に記載するようなメールアドレスは全て同じメールアドレスとして扱われます。

username@gmail.com
user.name@gmail.com
user.na.me@gmail.com
u.s.e.r.n.a.m.e@gmail.com

その為、Gmailでは誰かが「username」という名前でアカウントを作成すると、他の人は「user.name」などのようにドットの有無が違うだけのアカウントは取得できません。逆に誰かが「user.name」というアカウントを取得したら他の人は「username」というアカウントは取得できません。

それでは実際に試してみます。本来のメールアドレスにドットを付け加えた「buzz.writer.zz@gmail.com」メールアドレスに対して外部からメールを送信してみます。

p18-6

このメールは「buzzwriterzz@gmail.com」のGmailアカウントに届きました。

p18-7

メールを開いて送信先メールアドレスを確認してみると、送信元でメールを作成した時に入力したメールアドレスのまま届いています。

p18-8

もう一つ、今度は本来のメールアドレスに含まれるドットをなくした「buzzwriterzz@gmail.com」メールアドレスに対して外部からメールを送信してみます。

p18-9

このメールも同じように「buzzwriter.zz@gmail.com」のGmailアカウントに届きました。

p18-10

このように「username@gmail.com」と「user.name@gmail.com」などドットの有無が違うだけのメールアドレス宛てのメールは同じGmailのアカウントでメールを受け取ることができます。

連続するドットなど使用できないメールアドレスの形式

本来のメールアドレスにドットを追加して利用する場合の注意点として、(Gmailかどうかに関係なく)メールアドレスには連続したドットを含むことはできません。また「@」の直前にドットを使用することはできません。その為、下記のようなメールアドレスは使用できません。

× user..name@gmai.com
× username.@gmai.com

それでは本来のメールアドレスに連続したドットを付け加えた「buzzwriter..zz@gmail.com」メールアドレスに対して外部からメールを送信してみます。

p18-11

メールの送信に失敗し次のようにエラーメールが返ってきます。

p18-12

今度は本来のメールアドレスの「@」の直前にドットを付け加えた「buzzwriter.zz.@gmail.com」メールアドレスに対して外部からメールを送信してみます。

p18-13

メールの送信に失敗し次のようにエラーメールが返ってきます。

p18-14

このように連続するドットが含まれるメールアドレスは「@」の直前にドットがあるメールアドレスは使用できませんのでご注意ください。

googlemail.comドメイン

日本でGmailを利用する場合メールアドレスは「username@gmail.com」の形式ですが、ヨーロッパの一部の国では「username@googlemail.com」のようにドメイン名が「gmail.com」ではなく「googlemail.com」が使用されています。

それぞれ別々に取得するわけではなく日本で取得できるGmailアカウントは「username@gmail.com」のものだけです。ただこのGmailアカウントを取得すると自動的に同じユーザー名を使った「username@googlemail.com」も使用できるようになります。この二つのメールアドレスは同じメールアドレスとして扱われますので「username@googlemail.com」宛てのメールは全て「username@gmail.com」に届きます。

username@gmai.com
username@googlemail.com

それでは実際に試してみます。本来のメールアドレスのドメイン名を変えた「buzzwriter.zz@googlemail.com」メールアドレスに対して外部からメールを送信してみます。

p18-15

このメールも同じように「buzzwriter.zz@gmail.com」のGmailアカウントに届きました。

p18-16

メールを開いて送信先メールアドレスを確認してみると、送信元でメールを作成した時に入力したメールアドレスのまま届いています。

p18-17

このように「username@gmail.com」と「username@googlemail.com」は同じGmailのアカウントでメールを受け取ることができます。ただ実際にこのドメインのメールアドレスを日本で利用していいのかどうかは分かりません。「@googlemail.com」を使ったメールアドレス宛のメールが届いたときに、届いた理由としては覚えておかれるくらいでよろしいかと思います。

-----

Gmailで利用可能な別名アドレスについて解説しました。

Gmailの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)