送信したメールの送信者に表示される名前(本名)の変更

広告
eyecatch

Gmailのデフォルトの設定ではメールを送信した時にメールの送信者のところにGmailアカウントを作成した時に設定した名前が表示されます。名前として本名を入力していた場合は、メールの送信先に本名が伝わってしまいます。ここではメールの送信者に表示される名前を変更する方法を解説します。

送信者に表示される名前を変更する

Gmailで特に設定を行わずにメールを送信すると、届いたメールの送信者のところに次のように表示されます。

山田太郎 <buzzwriter.zz@gmail.com>

p29-1

メールアドレスに加えて使用しているGoogleアカウントに設定されている氏名が表示されます。氏名が表示されても問題なければいいのですが、送信したメールに氏名を表示したくないケースもあります。このような場合、Googleアカウントで設定されている氏名は変更することなく、Gmailでメールを送信する時に表示される名前の部分だけを変更することができます。

変更を行うには、画面右上の歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「設定」をクリックして下さい。

p29-2

設定画面が表示されます。

p29-3

「アカウントとインポート」タブをクリックして下さい。

p29-4

「名前」のブロックをみてください。現在メールを送信したときに送信者にどのように表示されるのかが表示されています。

p29-5

送信者の名前を変更するには、右側に表示されている「情報を編集」をクリックして下さい。

p29-6

「メールアドレスの編集」画面が表示されます。

p29-7

「名前」の個所にメールアドレスに表示する名前を入力して下さい。その後で「変更を保存」をクリックして下さい。

p29-8

メールを送信したときに表示される名前が変更されました。

p29-9

-- --

それでは新しくメールを送信してみます。届いたメールを確認してみると送信者のところに次のように表示されています。

Tarou <buzzwriter.zz@gmail.com>

p29-10

メールの送信者のところに表示されている名前が変更したものに変わっていることが確認できます。

-- --

Gmailの送信者に表示される名前を変更する手順について解説しました。

Gmailの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)