送信したメールの送信者に表示される名前(本名)の変更

広告

Gmailのデフォルトの設定ではメールを送信した時にメールの送信者のところにGmailアカウントを作成した時に設定した名前が表示されます。名前として本名を入力していた場合は、メールの送信先に本名が伝わってしまいます。ここではメールの送信者に表示される名前を変更する方法を解説します。

実際にデフォルトの設定のままメールを送信してみます。相手に届いたメールの送信者のところを見ると次のように氏名が表示されています。

p29-1

もちろんこれで問題ない場合もありますが、メールの相手に名前を知られたくない場合には登録されている名前は変更せずに送信者として表示される名前だけを変更することができます。変更を行うには、画面右上の歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「設定」をクリックして下さい。

p29-2

設定画面が表示されますので「アカウントとインポート」タブをクリックして下さい。

p29-3

「名前」の個所を見て下さい。現在設定されている内容が表示されます。

p29-4

送信者として表示される形式はデフォルトで次のようになっており、名前が表示されるようになっています。

名前 <hoge@example.com>

送信者の名前を変更するには、名前の右側に表示されている「情報を編集」をクリックして下さい。

p29-5

「メールアドレスの編集」画面が表示されます。

p29-6

「名前」の個所で新しく送信者のところに表示したい名前を入力して下さい。その後で「変更を保存」をクリックして下さい。

p29-7

元の設定画面に戻ります。「名前」の個所を見てみると変更した名前に変わっています。

p29-8

-- --

それではあらためてメールを送信し相手に届いたメールの送信者のところを見ると、変更した名前に変わっていることが確認できます。

p29-9

今回はGmail(実際にはGoogleアカウント)に登録されている名前は変更せずにメールを送信する時に使われる名前だけを変更する方法について解説しました。

Gmailの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )