CcとBccに送信先を指定する

広告

メールを送信する時にメールの送信先は「To」に指定しますが、同じメールをコピーとして他の人に送信しておきたい場合に使われるのが「Cc」と「Bcc」です。ここではCc及びBccに宛先を指定してメールを送信する方法を解説し、届いた相手にどのように表示されるのかを確認します。

1.Cc及びBccに送信先を指定する
2.自分がBccに指定されて届いたメールがどのように表示されるのか

「Cc」はカーボンコピー(Carbon Copy)の略で本来の宛先ではないけれど同じメールを送っておきたい相手を記載します。例えばお客さんにメールを送信する時、本来の宛先である「To」はお客さんのメールアドレスですが「Cc」に上司のメールアドレスを指定することでお客さんに送ったメールと同じ内容を上司にも送信することができます。

「Bcc」はブラインドカーボンコピー(Blind Carbon Copy)の略で「Cc」と同様に本来の宛先ではないけれど同じメールを送っておきたい相手を記載します。「Cc」との違いは「Cc」の場合は届いたメールに「Cc」のあて先が記載されていますが「Bcc」を使った場合には届いたメールを見ても「Bcc」に記載されたメールアドレスが表示されません。その為、送信者が誰にコピーを送っているのか送信するメールには表示させたくない場合に使用します。(後で実際のサンプルを表示します)。

では実際に試してみます。新規メール画面を表示して下さい。(「新規メールの送信」を参照して下さい)。

p6-1

「受信者」と記載されている個所をクリックすると送信先を入力できるようになります。ここで入力した送信先は「To」に設定されます。

p6-2

送信先として「Cc」または「Bcc」を使用する場合には、送信先を入力するテキストボックスの右側に表示されている「Cc」または「Bcc」をクリックして下さい。それでは「Cc」をクリックしてみます。

p6-3

「Cc」に設定される新しい送信先を入力できるようになります。

p6-4

p6-5

同じように「Bcc」をクリックすると「Bcc」に設定される新しい送信先を入力できるようになります。

p6-6

「To」の他の「Cc」や「Bcc」に送信先を入力した後で、「件名」の個所などにフォーカスを移すと「受信者」の部分は次のように表示が変わります。「To」と「Cc」に入力した送信先はまとめて表示され、「Bcc」に入力した送信先だけが「Bcc:」の後に記載されています。

p6-7

表示上このようになっていますが、再度「受信者」のところをクリックすると、最初に入力した時と同じように「To」「Cc」「Bcc」にそれぞれ分かれて表示され、送信先を追加したり削除したりすることができます。

p6-8

Bccに自分が指定されてメールが送信された場合、どのようにメールが届くのかを確認してみます。最初にOutlook.comのメールアドレスから次のようにメールを送信してみます。

p6-9

届いたメールにはBccに関する情報は表示されませんのでメールの送信者の中には自分のメールアドレスはありません。このようにBccに送信先が指定されてメールが届いた場合には、なぜ自分宛てにこのメールが届いたのか判別することはできません。

p6-10

-- --

次にGmailの環境から同じようにメールを送信してみます。

p6-11

GmailからGmailへ送信し、Bccに送信された相手先に届いた場合だけ、届いたメールにBccに関する情報が表示されます。その為、自分宛てに届いたメールがなぜ届いたのか(Bccに指定されていたから)が分かります。

p6-12

なおBccの情報が表示されるのはBccに指定された送信者に届いたメールだけです。同じメールが「To」に指定された送信先にも届きますが、このメールにはBccに関する情報は表示されません。

p6-13

このため、GmailからGmailへ送信したメールの場合でも、Bccに指定されて送信されたユーザー以外にはBccに記載された情報を知ることはできません。

( Written by Tatsuo Ikura )