迷惑メールに分類されたメールの確認と解除

広告

Gmailでは迷惑メールフィルタがデフォルトで利用できるようになっており、受信したメールの中で問題があるメールは自動的に「迷惑メール」として処理されます。ただ間違って迷惑メールとして処理されてしまったり、迷惑メールとして処理すべきメールがすり抜けてしまうこともあります。ここではメールを迷惑メールとして報告したり、誤って迷惑メールとして処理されたメールを解除したりする方法について解説します。

1.迷惑メールに振り分けられたメールを確認する
2.迷惑メールを削除する
3.迷惑メールを解除する
4.受信したメールを迷惑メールとしてマークする
5.迷惑メールとして処理された理由を確認する

受信したメールは通常受信トレイに入りますが、迷惑メールと判定されたメールは受信トレイではなく迷惑メールに入ります。それでは迷惑メールに振り分けられたメールを確認してみます。Gmailの画面左側に表示されている「その他のラベル」をクリックして下さい。

p9-1

画面左側に表示されているラベル一覧の中に「迷惑メール」ラベルが表示されますのでクリックして下さい。

p9-2

迷惑メールが表示され、迷惑メールに振り分けられたメールの一覧が表示されます。

p9-3

迷惑メールに振り分けられたメールは、30日後に自動的に完全に削除されます。ただ30日後を待たずにすぐに完全に削除することもできます。迷惑メールを開き、完全に削除したいメールにチェックをして下さい。チェックを行うと迷惑メールの上部にいくつかのアイコンが表示されますので、その中の「完全に削除」をクリックして下さい。

p9-4

該当のスレッドが完全に削除されました。完全に削除されたスレッドは表示したり迷惑メールを解除したりすることができなくなります。

p9-5

なお迷惑メールに入っている全てのメールを完全に削除したい場合は、画面上部に表示されている「迷惑メールをすべて削除」をクリックして下さい。今回は実際には試しませんが、全てのメールが完全に削除されます。

p9-6

迷惑メールに振り分けらたメールの中には誤って迷惑メールに振り分けられたものもあります。誤って振り分けられたメールは、迷惑メールを解除することができます。迷惑メールを開き、解除したいメールにチェックをして下さい。チェックを行うと迷惑メールの上部にいくつかのアイコンが表示されますので、その中の「迷惑メールではない」をクリックして下さい。

p9-7

該当のメールに付けられていた迷惑メールのマークが解除され、受信トレイへ移動しました。

p9-8

本来迷惑メールとして処理すべきようなメールが迷惑メールフィルタをすり抜けて受信トレイに届いてしまうこともあります。その場合は手動で迷惑メールとして報告し迷惑メールへ移動させることができます。

それでは受信トレイを表示して下さい。(受信トレイの中のプロモーションカテゴリを表示しています)。

p9-9

迷惑メールとして報告したいメールにチェックを行って下さい。チェックを行うと受信トレイの上部にいくつかのアイコンが表示されますので、その中の「迷惑メールを報告」アイコンをクリックして下さい。

p9-10

該当のメールが迷惑メールとして報告されると同時に迷惑メールのマークが付けられ迷惑メールへ移動しました。(受信トレイには表示されなくなります)。

p9-11

「迷惑メール」を確認してみると、先ほど迷惑メールとして報告したメールが含まれていることが確認できます。

p9-12

迷惑メールとして処理されたメールを表示してみると、なぜこのメールが迷惑メールとして処理されたのか理由が記載されています。実際に迷惑メールに入っているメールを開いて理由を確認してみます。

次の2つは今までのGoogleが収集した迷惑メールのデータなどから推測しているものと思われます。

Google の迷惑メール フィルタが検出したメッセージに類似しています。

p9-13

迷惑メールで一般的に使用されるコンテンツが含まれています。

p9-14

次は受信トレイなどに入っていたメールを手動で迷惑メートして報告した場合です。

このメッセージで [迷惑メールを報告] をクリックしました。

p9-15

また次のように赤い背景の場合は注意が必要です。下記の場合は「フィッシング詐欺」に分類されるメールの可能性があります。

このメッセージにはご注意ください。多数のユーザーが同様のメッセージをフィッシング詐欺として報告しているため、このメッセージには危険なコンテンツが含まれている可能性があります。

p9-16

迷惑メールとしてフィルタされた理由についていくつか見てみました。大事なメールが迷惑メールとして処理されてしまった場合などに、その理由を確認される場合に便利かと思います。

( Written by Tatsuo Ikura )