メール本文に署名を自動で入力する

広告

Gmailでは送信するメールの末尾に毎回名前や所属、連絡先などの情報など自分の署名を自動で記述する機能が用意されています。ここではGmailの署名の機能について使い方を解説します。

1.署名を設定する
2.送信元のメールアドレスに合わせて複数の署名を切り替える

署名の設定を行うには、Gmailの画面右上に表示されている歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「設定」をクリックして下さい。

p5-1

設定画面が表示されます。「全般」タブが表示されていると思いますが他のタグが表示されていた場合は「全般」タブをクリックして下さい。

p5-2

「署名」という項目を見て下さい。現在は「署名なし」が選択されています。

p5-3

署名を使用する場合はテキストエリアに表示させたい署名を入力して下さい。書式設定や画像なども利用できます。今回は次のように入力してみました。

p5-4

署名の入力が終わりましたら画面下部の「変更を保存」をクリックして下さい。

p5-5

署名の設定はこれで完了です。

-- --

それでは新規メールを作成画面を表示して下さい。署名の設定がされていると本文の入力する箇所に次のように設定した署名が自動で入力されています(なお本文と署名の間は二つのダッシュ(--)で区切られます)。

p5-6

署名はこのまま使用してもいいですし、単に本文の最後に自動挿入されているだけなので編集することもできます。送信する相手に合わせて直接メール本文上で編集して下さい。

署名は1種類しか設定することができませんが、メールアドレスを追加して送信元のメールアドレスを切り替えれるようにしてある場合には送信元毎に異なる署名を設定することができます。(送信元を切り替える方法については「メール送信時に別のメールアドレスをFromに設定する」を参照されて下さい)。

送信元が変更できるようになっている場合、署名の設定を行う画面に次のように送信元を選択する個所が増えています。現在の送信元用には先ほど設定した署名が残ったままとなっています。

p5-7

それでは別の送信元を選択して下さい。

p5-8

選択した送信元用の署名を設定することができるようになりました。

p5-9

こちらの送信元用には次のような署名を入力しました。

p5-10

署名の入力が終わりましたら画面下部の「変更を保存」をクリックして下さい。

p5-11

署名の設定はこれで完了です。

-- --

それでは新規メール作成画面を表示して下さい。メールの送信元がGmailのメールアドレスの場合には、元々設定していた署名が自動でメール本文に入力されています。

p5-12

メールの送信元を変更してみます。

p5-13

変更した送信元に合わせて別の署名が自動的にメール本文に入力されます。

p5-14

このように送信元を複数のメールアドレスから選択できる場合には、それぞれの送信元に対して1つずつ署名を設定しておくことができます。

Gmailの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )