送信取り消し機能を有効にする

広告

メールを作成し送信した瞬間に宛先を間違っていたなど間違ったメールを送信してしまったことに気が付くことがあります。このような時、Gmailで送信取り消し機能を有効にしていた場合はメール送信後数十秒以内であれば取り消すことができるようになります。ここではGmailの送信取り消し機能について解説します。

1.送信取り消し機能を有効にする
2.送信したメールの取り消し方

送信取り消し機能を有効にするには、Gmailの画面右上に表示されている歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「設定」をクリックして下さい。

p8-1

設定画面が表示されます。最初は「全般」タブが表示されていると思いますが、他のタブが開いて場合には「全般」タブをクリックして下さい。

p8-2

「送信取り消し」の項目を見て下さい。

p8-3

「送信取り消し機能を有効にする」にチェックを行い、何秒間取り消しを有効にするのかを選択して下さい。選択可能な時間は「5」「10」「20」「30」です。長ければ長いほど便利ですが、その代り指定した時間の間はメールの送信が行われなくなります。今回は20秒にしてみました。

p8-4

設がが終わりましたら画面最下部の「変更を保存」をクリックして下さい。

p8-5

メール送信の取り消し機能が有効になりました。

それでは実際にメール送信を取り消してみます。次のようなメールを作成し送信を行いました。

p8-6

送信取り消し機能が有効になっている場合は、メール送信後指定した時間の間だけ画面上部に次のような表示がされます。

p8-7

送信したメールを取り消したい場合には「取り消し」をクリックして下さい。

p8-8

「送信」をクリックする前の状態に戻り、送信しようとしていたメールの作成画面が表示されます。

p8-9

このように送信した直後だけしか使用できない機能ですが、うっかりミスでの送信をキャンセルすることができます。

Gmailの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )