他人宛のメールが届いた(ドットの有無が異なるメールアドレス)

広告

Gmailを利用する方から次のような質問を投稿されているのをよく拝見します。

自分宛ではないメールがたまに届きます。そのメールアドレスは自分のメールアドレスとドット(ピリオド)があるかないかの違いがあるだけのメールアドレスでよく似ています。他人宛のメールが届くのはセキュリティ的にも問題がありますし、逆に自分宛のメールアドレスも間違って他人に配送されていないかどうかが心配です。

例えばご自身が使われているメールアドレスが「aaabbb@gmail.com」だったとしたら、「aaa.bbb@gmail.com」のようにドットが1つ余分に含まれているメールアドレス宛に送信されたメールが自分宛に届いた、というご質問になります。

実はこの質問に対する回答はGmailのヘルプページに解説がされています。

上記のページ内に記載されている「自分のアドレスに似ているが、ピリオド(.)の数や大文字/小文字の使い方が異なる。」の項目に記載されているとおりGmailではドットは文字として認識しません。その為、「aaabbb@gmail.com」というメールアドレスと「aaa.bbb@gmail.com」というメールアドレスはGmailでは同じメールアドレスとして扱われます。

同じメールアドレスなのですから「aaa.bbb@gmail.com」宛に送付されたメールが「aaabbb@gmail.com」宛に届くのはGmailでは正常な動作です。

ただ理屈では分かってもどうしても納得できないこともあると思います。そこで2つの方法を使って確認を行ってみたいと思います。

ドット(ピリオド)の有無が違うだけのメールアドレスは誰も取得できない

まず最も重要なポイントはドット(ピリオド)の有無が違うだけのメールアドレスは誰も取得できないということです。ここさえご理解頂ければ全ての疑問は解決します。

先に記載した通りGmailではドットの有無だけが異なるメールアドレスは同じメールアドレスとして扱います。その為、新しくGmailのメールアドレスを取得しようとした時、誰かが既に使っているメールアドレスとドットの有無だけが異なるメールアドレスはそもそも取得することができません。

ドットの有無だけが異なるメールアドレスを他の誰も取得できないということがご理解頂けると、必然的に次のこともご理解頂けるかと思います。

そのメールアドレスを普段から使っている人は存在しません。

誰もそのメールアドレスを取得できませんので当然そうなります。

誰もそのメールアドレス宛にメールを送ることはありません。

メールの宛先を間違えた場合を除けば、誰も使っていないメールアドレス宛にメールを送る人ももちろんいないことになります。

自分宛に届いたメールはあて先を間違えたメールである。

誰も使っていないメールアドレス宛のメールだから、宛先を間違えたメールなのは間違いありません。

つまり今回自分宛に届いたドットの有無が違うだけのメールアドレス宛に送付されたメールは、誰かが間違えてメールの宛先を自分のメールアドレスを指定して送った間違いメールが届いたということになります。

では自分が既に利用しているメールアドレスと、ドットの有無が違うだけのメールアドレスは誰も取得できないことを確認してみます。Gmailの新規登録画面をご覧下さい。

p1-1

「ユーザー名を選択」の箇所にユーザー名を入力すると、取得可能なメールアドレスかどうか確認することができます。既に他の人が使っていたり、過去に誰かが使用したことのあるメールアドレスを入力すると、次のように「そのユーザー名を持つユーザーが既に存在します。別の名前を入力してください。」と表示されます。

p1-2

では誰も使っていないメールアドレスを一つ探します。

p1-3

まだメールアカウントを作成しないで下さい。先程見つけた誰も使っていないメールアドレスで、ドットの有無が違うだけのメールアカウントが取得できるかどうかいくつか試してみて下さい。

p1-4

p1-5

いずれのメールアドレスも取得可能ですがこれは偶然ではありません。ここまで説明してきたように、Gmailではドット(ピリオド)は文字として認識していませんので、「sakana.tobu」「sakanatobu」「sa.ka.na.tobu」は全て同じメールアカウントとして扱います。その為、どれか一つが取得可能なのであればドットの有無が違うだけのメールアドレスも全て取得することができます。

では今回は「sakana.tobu」で実際にアカウントを取得してみます。

p1-6

これで「sakana.tobu@gmail」は既に誰かが使用している状態となりました。ではいったんログアウトして頂き、再びGmailの新規登録画面へ行って下さい。

そして改めてメールアドレスが取得可能かどうか確認してみます。確認するのはつい先程取得した「sakana.tobu@gmail」とドットの有無が違うだけのメールアカウントです。

p1-7

p1-8

つい数分前までは取得可能と表示されたメールアカウントが全て取得できなくなりました。これもまた偶然ではなく、「sakana.tobu」と「sakanatobu」と「sa.ka.na.tobu」は同じメールアカウントとして扱われますので、「sakana.tobu」を取得した時点でドットの有無が異なるだけのメールアカウントは誰も取得できなくなったためです。

一つの実験だけではありますが、このようにGmailであるメールアカウントを取得すると、ドットの有無が異なるだけのメールアカウントは誰も取得することができないことがお分かりいただけたかと思います。ご自身が今使っているメールアカウントでも、ドットの有無が違うだけのメールアカウントが取得可能かどうか一度試してみて下さい。

今回届いたメールアドレス宛にメールを送付してみる

それでも実際にメールを送信している人がいて、間違いメールとはとても思えないという場合もあると思います。そのメールアドレスを実際に使っている人がどこかにいて、今回たまたまその人宛のメールが間違って自分のところに届いてしまったと思われる方もいると思います。

そのような場合は、自分のメールアドレスとドットの有無が異なって、今回間違って届いたメールの宛先に対して自分でメールを送信されてみて下さい。例えばご自分のメールアドレスが「sakana.tobu@gmail」の場合だったとして、今回届いた間違いメールの宛先メールアドレスが「sa.ka.na.tobu@gmail」だったとします。

もし仮に「sa.ka.na.tobu@gmail」を普段日常的に使っている人がいて、今回たまたま一通だけメールが自分のところに誤って配送されてきたのであれば、「sa.ka.na.tobu@gmail」宛にメールを何通か送ってもほとんどのメールは自分には届かず「sa.ka.na.tobu@gmail」を使っている人に届くはずです。

では試してみます。他のメールアドレスから「sa.ka.na.tobu@gmail」宛に4通メールを送信してみました。そして「sakana.tobu@gmail」のアカウントでGmailにログインしてみます。

p1-9

このように「sa.ka.na.tobu@gmail」宛に送信したメールは全て「sakana.tobu@gmail」宛に届きました。このことからもし「sa.ka.na.tobu@gmail」というメールアドレスを他の人が使っているのだとしたら、「sa.ka.na.tobu@gmail」宛に他の人から送信されたメールはごくたまにだけ自分宛に届くのではなく、全て自分宛に届いていてもおかしくありません。

是非自分のメールアドレスでも今回届いたメールアドレス宛に自分でメールを何通か送信されてみて下さい。送信した全てのメールが自分宛に届くはずです。そうすれば自分のメールアドレスに似たメールアドレスを使っている人が居て、今回たまたまその人宛のメールが自分宛に届いたというわけではなく、今回たまたまメールを送信された方が自分のメールアドレス宛に間違いメールを送信したことが分かるかと思います。

結論

結論として、(1)自分が普段使っているメールアドレスとドットの有無だけが異なるメールアドレスは誰も取得することができない、(2)自分のメールアドレスとドットの有無が違うだけのメールアドレス宛に送付されたメールが自分宛に届いたのは正常な動作であり、メールの送信者がメールの宛先を間違えただけである、ということがご理解頂けたのではないでしょうか。

もちろん100%ではありません。ただほぼ全ての場合は単なる間違いメールが届いただけなので、不必要にご心配される必要はないかと思います。

Gmailの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )