2段階認証を使ったログイン

広告

Googleアカウントで2段階認証を有効にした場合、ログインする時に確認コードの入力が必要となります。ここではGoogleアカウントで2段階認証が有効になっている場合のログイン手順について解説します。

1.2段階認証が有効になった状態でのログイン
2.次回から確認コードの入力を不要にする方法と毎回必ず確認コードを必要とする方法
3.信頼できる端末をすべて取り消す

Googleアカウントにログインしてみます。下記のURLから行ないます。

p2-1

ユーザー名とパスワードを入力するところまでは2段階認証が有効になっている場合でも同じです。最初にログイン用のメールアドレスを入力して「次へ」をクリックし、次の画面で今度はログイン用パスワードを入力して「次へ」をクリックして下さい。

p2-2

p2-3

2段階認証が有効になっている場合は確認コードの入力画面が表示されます。現在「音声通話」による確認コードの取得方法が設定されているため、今回はあらかじめて登録してある電話番号宛に電話があり、音声通話で確認コードが流れます。その確認コードを画面上に入力し「次へ」をクリックして下さい。

p2-4

Googleアカウントへのログインが完了しました。

p2-5

今回は確認コードを取得する方法として「音声通話」が設定されていたので電話が自動的にかかってきましたが、テキストメッセージを選択していた場合はスマートフォンへ確認コードが入ったテキストメッセージが送信されてきます。また認証アプリを設定している場合は、アプリ上に表示された確認コードを入力することになります。

Googleアカウントへのログインを行う手順の中で確認コードを入力する画面で「このパソコンでは次回から表示しない」というチェックボックスが表示されています。

p2-6

このチェックボックスにチェックが入った状態でログインを行うと、現在使用している端末は信頼できる端末として登録され同じ端末からログインする場合には次回から2段階認証での確認コードの入力が不要となります。

先ほどはチェックが入った状態でログインしたましたので、現在この端末は信頼できる端末として登録されています。では一度Googleアカウントからログアウトしてみます。

p2-7

そして改めてGoogleアカウントへログインを行います。通常と同じくログイン用のメールアドレスとパスワードを順次入れて「次へ」をクリックして下さい。

p2-8

p2-9

2段階認証が有効になっている場合は次に確認コードの入力画面が表示されるはずですが、現在この端末が信頼できる端末として設定されているため確認コードの入力が省略されてGoogleアカウントへのログインが完了します。

p2-10

自宅のPCなど自分以外に使用することのない端末からはこのように確認コードの入力を省略する設定にすることも可能です。逆に他の人のPCを借りてログインする場合などは信頼できる端末として登録することは望ましくありません。

ログインするたびに確認コードの入力が必要にしたい場合には、「このパソコンでは次回から表示しない」のチェックを外した上でログインするようにして下さい。

p2-11

いったん信頼できる端末として登録したものも、設定画面からすべてクリアして次回ログイン時には確認コードの入力が必要になるようにすることができます。クリアするには2段階認証の設定画面を表示して下さい。(設定画面を表示する方法は「2段階認証の設定画面を表示する」を参照されて下さい)。

p2-12

一番下まで画面をスクロールして下さい。

p2-13

「信頼できるデバイス」の中にある「すべて取り消す」をクリックして下さい。

p2-14

確認ダイアログが表示されますので「OK」をクリックして下さい。

p2-15

信頼できる端末として保存されていた情報がいったんリセットされました。

p2-16

リセット以降にログインするとき、初回は必ず2段階認証による確認コードの入力が必要となります。なおログインする時に「このパソコンでは次回から表示しない」にチェックをすれば再び信頼できる端末として登録されます。

Googleアカウントの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )