バックアップ用の確認コードの取得とバックアップコードを使ったログイン手順

広告

2段階認証を有効にしている場合、Googleアカウントへログインする時に確認コードを入力する必要があります。その為、携帯端末を忘れて外出してしまったり紛失してしまった場合に確認コードを取得できずGoogleアカウントへのログインができなくなってしまいます。このような場合に備えてそれぞれ一度だけ使用可能な10個の確認コードをあらかじめ取得して保存しておくことができます。ここではバックアップ用の確認コードの取得方法と、その確認コードを利用してログインを行う方法について解説します。

1.バックアップコードを取得する
2.バックアップコードを使ってGoogleアカウントへログインする

バックアップ用の確認コードの取得は2段階認証の設定画面から行います。「2段階認証の設定画面を表示する」を参考に設定画面を表示して下さい。

p4-1

画面を下へスクロールすると「バックアップコード」という項目があります。

p4-2

バックアップコードを取得するには「設定」をクリックして下さい。

p4-3

10個のバックアップコードを表示されました。このバックアップのコードは確認コードを通常の手段で取得できずGoogleアカウントにログインできなくなった場合に使用するものです。その為、印刷して手元に置いておくか別のメモとしてPCなどに保管していつでも見れるようにしておいて下さい。

p4-4

10個のバックアップコードは、それぞれ1回だけ使用できます。一度使用したバックアップコードは二度と使用できませんので、10個のバックアップコードを全部使用してしまった場合などは「新しいコードを取得」をクリックして下さい。新しい10個の確認コードが表示されます。

p4-5

新しい確認コードを取得するとそれまでの10個の確認コードは無効となります。その為、10個以上の確認コードを持つことはできません。また印刷するなどして保管しておいた確認コードを紛失してしまった場合なども新しいコードを取得することでそれまでの10個の確認コードを無効にすることができます。

それではバックアップコードを使って2段階認証が設定されているGoogleアカウントへログインしてみます。Googleアカウントのログイン画面を表示して下さい。

p4-6

ログイン用のメールアドレス、そしてパスワードをそれぞれ入力して「次へ」をクリックして下さい。

p4-7

p4-8

続いて確認コードの入力画面が表示されます。確認コードを取得できるのであれば確認コードを入力します。今回は確認コードが何らかの理由で取得できない場合としてバックアップの確認コードを使用します。

p4-9

「その他の設定」をクリックして下さい。

p4-10

次のような画面が表示されますので「別の方法を試す」をクリックして下さい。

p4-11

別の方法で確認コードを取得する方法を選択する画面が表示されます。今回はこの中から「8桁のバックアップコードのいずれかを入力する」をクリックして下さい。

p4-12

バックアップコードを入力する画面が表示されます。あらかじめ取得してあったバックアップ用の確認コードの中でまだ使用したことのない確認コードを入力し「次へ」をクリックして下さい。8桁のコードは間にスペースなどを入れずに続けて入力します。

p4-13

Googleアカウントへのログインが完了しました。

p4-14

このようにバックアップ用の確認コードを取得しておけば、確認コードを取得することができない状況になってもGoogleアカウントへログインすることができます。

Googleアカウントの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )