Googleアカウントの2段階認証を無効にする

広告

有効になっている2段階認証はいつでも無効にしてユーザー名とパスワードだけでログインするように変更することができます。ここではGoogleアカウントの2段階認証を無効にする方法について解説します。

※ 確認コードが取得できなくなってしまった場合は「2段階認証で確認コードが取得できずログインできない場合の対処方法」をご参照ください。

対象となるGoogleアカウントにログインし、2段階認証の管理画面を表示して下さい。

p7-1

2段階認証を無効にするには画面上部に表示されている「オフにする」をクリックして下さい。

p7-2

確認ダイアログが表示されます。無効にしてよろしければ「オフにする」をクリックして下さい。

p7-3

2段階認証が無効になりました。

p7-4

「Googeへのログイン」のページを表示してみると、2段階認証が無効になっていることが確認できます。

p7-5

現在は2段階認証を無効にすると設定が全て消去されます。改めて2段階認証を有効にする場合は、初めての場合と同じ手順で有効にして下さい。

Googleアカウントの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )