使用するドメインの所有権の確認

広告

前のページでGoogle Appsアカウントの作成まで完了しました。続いて設定を行っていきます。「次へ」ボタンを押して下さい。

p2-1

ドメインの所有権を確認します。「次へ」ボタンを押して下さい。

p2-2

所有権の確認を行う手順が表示されます。手順はいくつかあり、最初に表示されているのは「HTML ファイルをアップロード」を使った方法です。

p2-3

対象のドメイン名で既にWebサーバなどを動かされている場合はこの手順を使うのが簡単かと思います。今回は別の方法を使います。画面上の「別の方法」と書かれた箇所をクリックして下さい。別の方法として「HTML タグ」「Google アナリティクス」「ドメイン名プロバイダ」が表示されます。

p2-4

今回は「ドメイン名プロバイダ」を使用します。「ドメイン名プロバイダ」の場所をクリックして下さい。次のように表示されます。

p2-5

レジストラがリストの中にある場合はそれを選択して下さい。今回は「その他」をクリックします。

p2-6

DNSサーバに設定するTXTレコードの値が表示されます。

p2-7

Google Appsで使用するドメインのDNSサーバにTXTレコードを追加して下さい。追加が完了したら画面左下に表示されている「確認」ボタンを押して下さい。設定が行われていれば次のように「example.com の所有権が確認されました。」と表示されます。

p2-8

定期的に所有権の確認が行われるようですので、TXTレコードは削除せずにそのまま残しておいて下さい。

「続行」と書かれたリンクをクリックして頂くと元の画面に戻り「ユーザーとグループ」の設定画面となります。

p2-9

次がユーザーの追加画面となりますが、ユーザーの追加は別のページで行います。今回は「いいえ、1人だけです」をチェックし、「次へ」ボタンを押して下さい。

p2-10

使用するアプリケーションの設定を行う画面が表示されます1。

p2-11

ここまででドメインの所有権確認は完了です。アプリケーションの設定は次のページにて行います。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)