メールを有効にする

広告

ドメインの所有権の確認が完了した時点でカレンダーやドキュメントなどのサービスは利用できる状態になっていますがメールに関しては有効になっていません。ここではメールを有効にする設定方法を確認します。

p3-1

「Gmail」にだけチェックを行い「次へ」ボタンを押して下さい。Gmailの設定画面が表示されます。「次へ」ボタンを押して下さい。

p3-2

セットアップオプションが表示されます。

p3-3

一部のユーザーだけ先行して移行する場合は「Run a pilot program」にチェックを行います。また他のメールサーバからGoogle Appsへメールを移す場合は「Migrate old mail」にチェックを行います。今回はチェックは何も行わずに「次へ」ボタンを押しました。

メール配信の方法の設定画面が表示されます。通常は「Googleサーバ」で構いませんので「次へ」ボタンを押して下さい。

p3-4

MXの設定方法について解説する画面が表示されます。

p3-5

リストの中に使用されているドメインホストがあればそれを選択して下さい。今回は「その他」を選択します。

p3-6

「次へ」ボタンを押して下さい。

p3-7

今回Google Appsで使用するドメインを管理しているDNSへ設定するMXの情報が表示されます。

p3-8

必要となる設定はDNSサーバへMXレコードの記述とSPFレコードの記述(オプション)です。MXレコードは下記のように記述します。

参照先優先順位
ASPMX.L.GOOGLE.COM.1
ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM.5
ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM.5
ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM.10
ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM.10

MXレコードの記述が終わりましたら画面下の「次へ」ボタンを押して下さい。

p3-9

確認画面が表示されます。「はい。メールが Google を経由するように example.com の MX レコードを変更しました」をチェックしてから「次へ」ボタンを押して下さい。

p3-10

GmailのURLが記載された画面が表示されます。

p3-12

画面に表示されている「http://mail.google.com/a/example.com」のリンクをクリックして下さい。独自ドメインを使ったメールアカウント用のGmailの画面が表示されます。

p3-13

では外部からこのメールアドレス宛にメールを送信してみて下さい。MXが正しく設定されていれば外部からのメールを受信することができます。(MXが正しく設定されていなかったり、まだ設定が反映されていない場合でも、メールの送信は行えます)。

メールの受信が無事確認できましたら、Gmailの画面は閉じて頂き、元の画面に戻って「次へ」ボタンを押して下さい。

p3-14

モバイルに関する設定画面が表示されます。モバイルに関する設定は省略しますのでチェックを外して「次へ」」ボタンを押して下さい。

p3-15

Appの拡張とカスタマイズ画面が表示されます。

p3-16

ここまででメールの設定は完了です。カスタマイズについては次のページで解説します。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)