URLエンコードのテスト

広告

Google Chart APIでは設定内容は全てURLにパラメータとして含める必要があります。その為、タイトルに日本語を含める場合には設定したい文字列をURLエンコードする必要があります。

そこで「日本語のタイトル」という文字列を「Shift-JIS」「EUC-JP」「UTF-8」のそれぞれの文字コードで変換した結果をタイトルに設定してみます。

Shift-JIS:

サンプル画像

chtt=%93%fa%96%7b%8c%ea%82%cc%83%5e%83C%83g%83%8b

EUC-JP:

サンプル画像

chtt=%c6%fc%cb%dc%b8%ec%a4%ce%a5%bf%a5%a4%a5%c8%a5%eb

UTF-8:

サンプル画像

chtt=%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab

このようにUTF-8でエンコードした場合には利用できるようです。以前は漢字は無理でしたが現在は漢字も利用可能なようです。

サンプル画像

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)