データを表すマーカーの形状

広告

折れ線グラフと散布図において表示されるデータを表すマーカーの形状を設定する方法です。

書式は次の通りです。

chm=
<マーカー種類1>,<色1>,<系列1>,<データインデックス1>,<サイズ1>|
<マーカー種類2>,<色2>,<系列2>,<データインデックス2>,<サイズ2>|
<マーカー種類n>,<色n>,<系列n>,<データインデックスn>,<サイズn>

パラメータ名「chm」に対して「マーカー種類」「色」「系列」「データインデックス」「サイズ」をカンマ(,)で区切って指定します。同じ系列であってもデータ毎に指定するため複数のデータに対して設定する場合はパイプ(|)でつなげて続けて記述します。例えば次のように記述します。

chm=c,ff0000,0,1.0,10.0|d,0000ff,0,2.0,10.0

マーカーの種類は次のような形状が用意されています。

a 矢印
c 十字
d ダイアモンド
o 円
s 四角
v X軸上からデータまでの垂直線
V X軸上から上辺までの垂直線
h Y軸上から右辺までの水平線
x バツ印

データインデックスは何番目のデータに適用するかを指定して下さい。小数点を含む値を指定した場合は、点と点の間の位置にマーカーが表示されます。またサイズの単位はピクセルです。

なおマーカーの種類に「h」を選択した場合は、何番目のデータかではなくY軸の原点を「0」上辺を「1.0」とした場合に水平線を描画する位置を0から1.0の間の値で指定して下さい。

サンプルプログラム

では実際にサンプルを試してみます。

サンプル画像

http://chart.apis.google.com/chart?
chs=300x300
&chd=t:40,60,40,60,40,60,40,60,20,60,40
&cht=lc
&chm=a,ff0000,0,1,20.0|
         c,00ff00,0,2,20.0|
         d,0000ff,0,3,20.0|
         o,dd0000,0,4,20.0|
         s,00dd00,0,5,20.0|
         v,0000dd,0,6,1.0|
         V,990000,0,7,1.0|
         h,009900,0,0.20,1.0|
         x,000099,0,9,20.0

サンプル画像

http://chart.apis.google.com/chart?
chs=300x300
&chd=t:10,72,45,32,20,74,42,46,16,67|10,68,52,38,72,21,45,39,18,65
&cht=s
&chm=x,000099,0,9,10.0

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)