各地点の地理情報の取得

広告

ここではルート検索した結果の経路の中継点の数や、その地点の地理情報を取得する方法を確認します。

GDirectionsクラスのgetNumGeocodesメソッドを使うことで起点、終点、中継点の数を取得できます。

結果として入手できるジオコード エントリの数を返します。正常なクエリの場
合、これは入力経由地点の合計数と同じになります。クエリが発行されなかった
か、以前のクエリに失敗したため結果を入手できない場合、このメソッドは 0 
を返します。 

戻り値:
  Number

例えば次のように記述します。

var directions = new GDirections(map, document.getElementById("route"));

var num = directions.getNumGeocodes();

各地点における地理情報を取得するにはGDirectionsクラスのgetGeocodeメソッドを使います。

i 番目の経由地点のジオコード結果を返します。このオブジェクトの構造は、
GClientGeocoder オブジェクトの応答にある単一の目印のものと同じです。

戻り値:
  Object

引数には地点を表すインデックスを指定して下さい。例えば次のように記述します。

var directions = new GDirections(map, document.getElementById("route"));

var num = directions.getNumGeocodes();
for (var i = 0 ; i < num ; i++){
    var obj = directions.getGeocode(i);
}

getGeocodeメソッドによって取得したオブジェクトは、ジオコーディングを使って取得したオブジェクトと同じ構造をしており、その地点の住所と緯度/経度の情報が含まれています。

var directions = new GDirections(map, document.getElementById("route"));

var num = directions.getNumGeocodes();
for (var i = 0 ; i < num ; i++){
    var obj = directions.getGeocode(i);

    var address = obj.address;
    var lng = obj.Point.coordinates[0];
    var lat = obj.Point.coordinates[1];
}

上記のように地点毎に住所や緯度/経度の情報を取得することができます。

サンプルプログラム

では簡単なサンプルで試してみます。

code10_1.js

var map;
var directions;

function initialize() {
  if (GBrowserIsCompatible()) {
    map = new GMap2(document.getElementById("map_canvas"));
    map.setCenter(new GLatLng(35.16809,136.911621), 13);

    directions = new GDirections(map, null);
    GEvent.addListener(directions, "load", onGDirectionsLoad);
  }
}

function dispRoute() {
  var from = document.getElementById("from").value;
  var step = document.getElementById("step").value;
  var to = document.getElementById("to").value;

  directions.clear();

  var pointArray = [from,step,to];
  directions.loadFromWaypoints(pointArray, {locale: "ja_JP"});
}

function onGDirectionsLoad(){ 
  var html = '';

  var num = directions.getNumGeocodes();
  for (var i = 0 ; i < num ; i++){
    var obj = directions.getGeocode(i);
    var address = obj.address;
    var lng = obj.Point.coordinates[0];
    var lat = obj.Point.coordinates[1];

    html += "[" + i + "]" + obj.address + " " + lat + "," + lng + "<br />";
  }

  document.getElementById("route").innerHTML = html;
}

map10_1.html

<!DOCTYPE html "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" 
  "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8"/>
    <title>サンプル:イベント(load, addoverlay, error)の利用</title>
    <script src="http://maps.google.com/maps?file=api&v=2&key=(key)&sensor=false"
            type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
    <script src="./js/code10_1.js" type="text/javascript"></script>
  </head>
  <body onload="initialize()" onunload="GUnload()">
    <form>
    <input type="text" size="20" id="from" value="名古屋駅" />
    --><input type="text" size="20" id="step" value="名古屋城" />
    --><input type="text" size="20" id="to" value="熱田神宮" />
    <input type="button" id="btn1" value="ルート案内" onclick="dispRoute()" />
    </form>

    <div id="map_canvas" style="width: 500px; height: 300px"></div>
    <div id="route" style="width: 500px; height: 100px;overflow: scroll"></div>
  </body>
</html>

ではブラウザで上記のURLを見てみます。

p10-1

「ルート案内」ボタンを押して下さい。各地点の地理情報を表示します。

p10-2

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)