パスのポイントの指定

広告

パスは複数のポイントを記述した順に直線で結んでいくことで形が形成されます。ここでは各ポイントの座標指定の方法について確認します。ポイントの座標の指定は地図の座標を指定する場合と基本的に同じです。緯度と経度の組み合わせで指定するか住所を表す文字列で指定します。

path=スタイル|緯度,経度|緯度,経度|...
path=スタイル|文字列|文字列|...

緯度経度の指定方法については「座標 (center)」を参照して下さい。

住所を表す文字列を指定する場合にはURLエンコードしたものを指定して下さい。

記述例としては次のようになります。

http://maps.google.com/maps/api/staticmap?
path=color:red|34.980678,135.747671|34.994826,135.784932&path=Tokyo|Osaka

※実際は1行です。

サンプル

では実際に試してみます。

http://maps.google.com/maps/api/staticmap?
&center=35.182788,136.889648
&zoom=6
&size=400x400
&path=Osaka|Nagoya|Nagano|Tokyo
&sensor=false

- サンプル画像

今回は住所を表す文字列を使って4つのポイントを指定しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)