XMLHttpRequestオブジェクトとは

広告

Ajaxとは「Asynchronous JavaScript + XML」の略です。簡単に言えばJavaScriptとXMLを使って非同期にサーバとの間の通信を行うことが出来ます。

JavaScriptを使ったHTMLページを作成すると動的に作成できるホームページを作成できますが、Ajaxではさらにサーバとの通信を行って随時サーバからデータを読み取ってホームページを書き換えていくということが可能になります。

このサーバとの通信を行うために用意されているものが「XMLHttpRequestオブジェクト」です。このオブジェクトを介してクライアント側とサーバ側は通信を行います。

「XMLHttpRequestオブジェクト」は基本的な部分は同じなのですが、ブラウザ毎に実装方法が異なります。その為、InternetExplorer(IE)とOperaやFireFoxでは使い方が多少ことなります。またIEでもIE6.0と最新版のIE7.0でも若干扱いが異なりますので注意が必要です。

例えばIE以外のブラウザの場合には次のように記述します。

var xmlHttp = new XMLHttpRequest();

IEの場合には次のように記述します。

var xmlHttp = new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP");

参考URL

IEでの「XMLHttpRequestオブジェクト」の実際はActiveXオブジェクトとして実装されています。詳しくは下記を参照して下さい。

MSXML(Microsoft XML Core Services)

IXMLHTTPRequest

またマイクロソフト以外の実装としては次が参考になります。

Dynamin HTML and XML: The XMLHttpRequest Object

それでは次のページから、IEでの利用方法、IE以外のブラウザでの利用方法、そして1つのHTMLページでほとんどのブラウザで利用できる記述方法について確認していきます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)