metaタグによるデフォルトのスクリプト言語の指定

広告

ブラウザがサポートしているスクリプト言語にはJavaScriptとVBScriptがあります。ただしMicrosoft VBScriptはIEでしか利用できませんので実質的には使用するスクリプト言語を指定しなくてもJavaScriptが使用されます。

ただ全てのブラウザがそうであるとは限りません。イベントハンドラなどにスクリプトを直接記述するような場合に使用されるデフォルトのスクリプト言語を指定しおくようにします。次のように<meta>要素を使用します。

<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">

記述する位置は<head></head>の中に記述します。

HTMLの場合とXHTML場合で今回は同じです。両方の雛形を下記に記述します。

HTML4.01 Transitional :

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>JavaScript テスト</title>
</head>
<body>

<p>Test</p>

</body>
</html>

XHTML 1.0 Transitional :

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>JavaScript テスト</title>
</head>
<body>

<p>Test</p>

</body>
</html>

文字コードとしてUTF-8を使用しますので、XHTMLのXML宣言は今後省略します。よって実際は次のようになります。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>JavaScript テスト</title>
</head>
<body>

<p>Test</p>

</body>
</html>

JavaScript入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )