getUTCHours / getUTCMinutes / getUTCSeconds / getUTCMillisecondsメソッド

広告

Dateクラスのオブジェクトから時刻に関する時/分/秒/ミリ秒の値を取得するメソッドがそれぞれ用意されています。このページで解説しているメソッドはタイムゾーンがUTCでの値を取得します。

Dateクラスのオブジェクトから時の値を取得します。

パラメータ:
  無し
戻り値:
  時を表す0から23の数値

getUTCHoursメソッドは時の値を取得します。取得できる値は0から23までの数値で午前0時で0、午後23時で11を取得します。

Dateクラスのオブジェクトから分の値を取得します。

パラメータ:
  無し
戻り値:
  分を表す0から59の数値

getUTCMinutesメソッドは分の値を取得します。取得できる値は0から59までの数値で10分なら10を取得します。

Dateクラスのオブジェクトから秒の値を取得します。

パラメータ:
  無し
戻り値:
  秒を表す1から31の数値

getUTCSecondsメソッドは秒の値を取得します。取得できる値は0から59までの数値で10秒なら10を取得します。

Dateクラスのオブジェクトからミリ秒の値を取得します。

パラメータ:
  無し
戻り値:
  ミリ秒を表す0から999の数値

getUTCMillisecondsメソッドはミリ秒の値を取得します。取得できる値は0から999までの数値で300ミリ秒なら300を取得します。

実際の使い方は次の通りです。

var d = new Date();

var hour = d.getUTCHours();
var min = d.getUTCMinutes();
var sec = d.getUTCSeconds();
var ms = d.getUTCMilliseconds();

なおタイムゾーンがUTCとして各値として取得します。タイムゾーンが現地時間として各値を取得するには「getHours / getMinutes / getSeconds / getMillisecondsメソッド」を参照して下さい。

サンプルコード

では簡単なサンプルで試してみます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>JavaScript テスト</title>
</head>
<body>

<script type="text/javascript" src="./js/script11_1.js">
</script>

</body>
</html>
function print(str){
  document.write(str + "<br />");
}

var d = new Date();

document.write("<p>");

print(d);
print(d.toUTCString());

document.write("</p>");

document.write("<p>");

print("時:" + d.getUTCHours());
print("分:" + d.getUTCMinutes());
print("秒:" + d.getUTCSeconds());
print("ミリ秒:" + d.getUTCMilliseconds());

document.write("</p>");

上記を実際にブラウザ見てみると次のように表示されます。

p11-1

JavaScript入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )