getTimezoneOffsetメソッド

広告

getTimezoneOffsetメソッドはUTC又はGMTと現地時間との時間差を返します。

UTC又はGMTと現地時間との時間差を取得します。

パラメータ:
  無し
戻り値:
  時間差を表す分単位の数値

取得できる値は分単位の数値で返されますので注意して下さい。JST(日本標準時)は UTC+9時間ですので、getTimezoneOffsetメソッドは-540(分)を返します。

実際の使い方は次の通りです。

var d = new Date();

var min = d.getTimezoneOffset();

※オブジェクト毎に異なる値が帰ってくるわけでも無いと思いますが、静的メソッドではありません。

サンプルコード

では簡単なサンプルで試してみます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>JavaScript テスト</title>
</head>
<body>

<script type="text/javascript" src="./js/script12_1.js">
</script>

</body>
</html>
function print(str){
  document.write(str + "<br />");
}

document.write("<p>");

var d = new Date();

print(d);
print(d.toUTCString());
print(d.getTimezoneOffset() + "分");

document.write("</p>");

上記を実際にブラウザ見てみると次のように表示されます。

p12-1

JavaScript入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )