toUTCString / toGMTStringメソッド

広告

toUTCStringメソッドは対象のDateクラスのオブジェクトを文字列に変換した結果を返します。この時、タイムゾーンとして現地時間ではなくUTCを使います。

UTCタイムゾーンでのDateクラスのオブジェクトの文字列表現を返します。

パラメータ:
  無し
戻り値:
  UTCタイムゾーンでのDateクラスのオブジェクトが表す日付/時刻の文字列表現

toUTCStringメソッドはUTCタイムゾーンでの日付/時刻の文字列表現を返します。

次の例を見てください。

var d = new Date();
var str = d.toUTCString();

上記の場合、例えば次のような文字列を取得できます。

Mon, 10 Aug 2009 16:05:09 GMT

タイムゾーンを現地時間にするにはtoStringメソッドを使って下さい。

なお似たようなメソッドとしてtoGMTStringメソッドが用意されています。

GMTタイムゾーンでのDateクラスのオブジェクトの文字列表現を返します。

パラメータ:
  無し
戻り値:
  GMTタイムゾーンでのDateクラスのオブジェクトが表す日付/時刻の文字列表現

UTCタイムゾーンではなくGMTタイムゾーンでの日付/時刻の文字列表現を返します。ただこのメソッドは現在非推奨となっているようなので、toGMTStringメソッドではなくtoUTCStringメソッドを使うようにして下さい。

サンプルコード

では簡単なサンプルで試してみます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>JavaScript テスト</title>
</head>
<body>

<script type="text/javascript" src="./js/script4_1.js">
</script>

</body>
</html>
function print(str){
  document.write(str + "<br />");
}

var d = new Date();

document.write("<p>");

print("toUTCStringメソッド : ");
print(d.toUTCString());

document.write("</p>");

document.write("<p>");

print("toGMTStringメソッド : ");
print(d.toGMTString());

document.write("</p>");

上記を実際にブラウザ見てみると次のように表示されます。

p4-1

JavaScript入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )