警告ダイアログ

広告

ここではユーザーに対して注意事項などを表示するための警告ダイアログの表示方法を見ていきます。

window.alert("表示する文字列")
window.alert(表示する数値)

引数で指定した文字列を表示するダイアログを表示します。"window."は省略可能で単に"alert("文字列")のような記述が可能です。

ダイアログには"OK"ボタンが表示され、そのボタンをユーザーがクリックするまで、JavaScripの処理は"alert"を処理した箇所で止まります。

サンプルコード

一度試してみます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>JavaScript テスト</title>
</head>
<body>

<p>
この部分が表示された後に警告ダイアログが開きます。
</p>

<script type="text/javascript" src="./js/script1_1.js">
</script>

<p>
警告ダイアログが閉じた後に表示されます。
</p>

</body>
</html>
alert("警告ダイアログです");

上記をブラウザで見ると下記のように表示されます。

p1-1

画面を見て頂くと分かりますが、HTMLページをブラウザが読み込んでいる途中で警告ダイアログを出しています。警告ダイアログが表示されたら、警告ダイアログの「OK」ボタンを押すまでは次の処理に進まない為、ブラウザがページ読み込み中の状態となっています。

ダイアログの「OK」ボタンを押すと下記のように表示されます。

p1-1

残りの部分がブラウザに表示されます。

JavaScript入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)