Mathクラス定数

広告

Mathクラスで用意されている定数について確認します。まずは対数関連の定数です。

Math.E         自然対数の底e
Math.LN10      eを底とする10の対数
Math.LN2       eを底とする2の対数
Math.LOG10E    10を底とするeの対数
Math.LOG2E     2を底とするeの対数

対数に関する詳しい説明はここでは省略しますが、簡単に書くと x = ap が成り立つ時、pのことをaを底とするxの対数と呼びます。

x = ap
p = logax

よってMathクラスで定義されている定数は次のように表すことができます。

Math.LN10      loge10
Math.LN2       loge2
Math.LOG10E    log10e
Math.LOG2E     log2e

続いて円周率の定数です。

Math.PI        円周率π

円周率は円の円周の長さや面積を計算する時に使用されます。

var r = 10;                 // 半径
var c = 2 * Math.PI * r;    // 円周の長さ
var a = Math.PI * r * r;    // 円の面積

続いて平方根に関する定数です。

Math.SQRT2      2の平方根
Math.SQRT1_2    1/2の平方根

平方根に関する詳しい説明はここでは省略しますが、簡単に書くと a = b2 が成り立つ時、bをaの平方根と呼びます。つまり2の平方根とは二乗すると2になる数値のことです。

サンプルコード

では簡単なサンプルで試してみます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>JavaScript テスト</title>
</head>
<body>

<script type="text/javascript" src="./js/script1_1.js">
</script>

</body>
</html>
function print(str){
  document.write(str + "<br />");
}

document.write("<p>");

print("Math.E = " + Math.E);
print("Math.LN10 = " + Math.LN10);
print("Math.LN2 = " + Math.LN2);
print("Math.LOG10E = " + Math.LOG10E);
print("Math.LOG2E = " + Math.LOG2E);

document.write("</p>");

document.write("<p>");

print("Math.PI = " + Math.PI);

var r = 10;                 // 半径
var c = 2 * Math.PI * r;    // 円周の長さ
var a = Math.PI * r * r;    // 円の面積

print("半径 : " + r);
print("円周 : " + c);
print("面積 : " + a);

document.write("</p>");

document.write("<p>");

print("Math.SQRT2 = " + Math.SQRT2);
print("Math.SQRT1_2 = " + Math.SQRT1_2);

document.write("</p>");

上記を実際にブラウザ見てみると次のように表示されます。

p1-1

JavaScript入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )