atan関数

広告

atan関数は指定した数値の逆正接(アークタンジェント)を計算して返します。

指定した数値の逆正接(アークタンジェント)を計算して返します。

パラメータ:
  num  数値
戻り値:
  逆正接(アークタンジェント)の値。単位はラジアン

引数に指定した数値の逆正接(アークタンジェント)を計算します。(正接(タンジェント)については「tan関数」を参照して下さい)。逆正接(アークタンジェント)とは正接(タンジェント)の逆関数で次の関係があります。

y = Math.tan(x);
x = Math.atan(y);

タンジェントでは指定した角度xから値yを取得しますが、アークタンジェントではタンジェントを取ると値yになるような角度xを求めることができます。よって次の式もなりたちます。

y = Math.tan(Math.atan(y));

実際には次のように使用します。

var rad = Math.atan(0.5);

なおアークサインやアークコサインと異なりアークタンジェントでは指定できる数値に範囲はありません。

サンプルコード

では簡単なサンプルで試してみます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>JavaScript テスト</title>
</head>
<body>

<script type="text/javascript" src="./js/script14_1.js">
</script>

</body>
</html>
function print(str){
  document.write(str + "<br />");
}

document.write("<p>");

var n1 = Math.atan(0.5);
print("atan0.5 = " + n1 + "ラジアン(" + n1/(Math.PI / 180) + "度)");

var n2 = Math.atan(-0.3);
print("atan-0.3 = " + n2 + "ラジアン(" + n2/(Math.PI / 180) + "度)");

var n3 = Math.atan(1.4);
print("atan1.4 = " + n3 + "ラジアン(" + n3/(Math.PI / 180) + "度)");

document.write("</p>");

上記を実際にブラウザ見てみると次のように表示されます。

p14-1

JavaScript入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )