round関数

広告

round関数は四捨五入を計算しその結果を返します。

四捨五入を計算します。

パラメータ:
  val  数値または他の値
戻り値:
  引数を四捨五入した結果

引数に指定した値の四捨五入を計算して結果を返します。

小数点以下の値が0.5未満であれば切り捨て、0.5以上なら切り上げます。

Math.round(4.42) => 4
Math.round(4.72) => 5
Math.round(-2.34) => -2
Math.round(-2.544) => -3

またJavaScriptのround関数ではマイナスの値で端数が0.5の時(例えば-7.5など)は端数は切り捨てとなります。

Math.round(3.5) => 4
Math.round(-3.5) => -3

数値以外の値が引数に与えられた場合は数値に変換した上で四捨五入を計算します。

実際の使い方は次の通りです。

var num = Math.round(3.23);

上記の場合、変数numには3が代入されます。

サンプルコード

では簡単なサンプルで試してみます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>JavaScript テスト</title>
</head>
<body>

<script type="text/javascript" src="./js/script3_1.js">
</script>

</body>
</html>
function print(str){
  document.write(str + "<br />");
}

document.write("<p>");

print("Math.round(3.49) = " + Math.round(3.49));
print("Math.round(3.5) = " + Math.round(3.5));
print("Math.round(3.51) = " + Math.round(3.51));
print("Math.round(-2.499) = " + Math.round(-2.499));
print("Math.round(-2.5) = " + Math.round(-2.5));
print("Math.round(-2.51) = " + Math.round(-2.51));
print("Math.round('76.87') = " + Math.round('76.87'));
print("Math.round(NaN) = " + Math.round(NaN));

document.write("</p>");

上記を実際にブラウザ見てみると次のように表示されます。

p3-1

JavaScript入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )