toStringメソッド

広告

toStringメソッドは対象のStringクラスのオブジェクトを文字列に変換した結果を返します。

Stringクラスのオブジェクトの文字列表現を返します。

戻り値:
  Stringクラスのオブジェクトが表す文字列の文字列表現

Stringクラスのオブジェクトが表す文字列を返します。このメソッドは親クラスのObjectクラスから継承したメソッドです。

Stringクラスのオブジェクトはもともと基本データ型の値として文字列を持っていますので、単にその文字列を返すだけです。

次の例を見てください。

var str_obj = new String("Hello");
var str = str_obj.toString();

上記の場合、文字列の"Hello"を返します。

サンプルコード

では簡単なサンプルで試してみます。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
 "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>JavaScript テスト</title>
</head>
<body>

<script type="text/javascript" src="./js/script3_1.js">
</script>

</body>
</html>
function print(str){
  document.write(str + "<br />");
}

document.write("<p>");

var str_obj = new String("Good Morning.");
print(str_obj.toString());
print(str_obj);

document.write("</p>");

上記を実際にブラウザ見てみると次のように表示されます。

p3-1

基本的に基本データ型の文字列に変換する必要がある場面では自動的にtoStringメソッドが呼び出されるため明示的に呼び出す必要はあまりありません。ただしtoStringメソッドを呼び出す記述をしておけば何をしたかったのがより明確にはなります。

JavaScript入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)