コメントを記述する

広告

XML文書の中にはコメントを記述することができます。ここではコメントの記述方法について解説します。

XML文書の中で何かメモを残していきたい時はコメントを記述することができます。構文は次の通りです。

<!-- コメント -->

コメントは「<!--」で始まり「-->」で終わります。この間にコメントのテキストを記述して下さい。

コメントはXML文書の中のほとんどの場所に記述することができます。

sample5_1.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<foods>
  <food>
    <!-- 要在庫確認 -->
    <name>バナナ</name>
    <color>黄色</color>
  </food>

  <food>
    <name>リンゴ</name>
    <!-- 緑っぽい赤 -->
    <color>赤</color>
  </food>
</foods>

サンプルをブラウザで表示してみると次のように表示されます。

p5-1

ただしXML宣言よりも前に記述することはできません。また開始タグや終了タグの中に記述することもできません。下記はXML宣言よりも前にコメントを書いてみます。

sample5_2.xml

<!-- 食料品 -->
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<foods>
  <food>
    <name>バナナ</name>
    <color>黄色</color>
  </food>

  <food>
    <name>リンゴ</name>
    <color>赤</color>
  </food>
</foods>

サンプルをブラウザで表示してみると次のようにエラーが表示されます。

p5-2

またコメントのテキストの中に「--」を記述することはできません。

sample5_3.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<foods>
  <food>
    <!-- バナナ -- 日本産 -->
    <name>バナナ</name>
    <color>黄色</color>
  </food>

  <food>
    <name>リンゴ</name>
    <color>赤</color>
  </food>
</foods>

サンプルをブラウザで表示してみると次のようにエラーが表示されます。

p5-3

-- --

XML文書の中にコメントを記述する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)