Googleアカウントの2段階認証を有効にする

広告

Googleアカウントでは不正ログインを予防するために2段階認証を利用することができます。ここではGoogleアカウントの2段階認証を有効にする手順について解説します。

1.テキストメッセージを使う方法で2段階認証を有効にする
2.音声通話を使う方法で2段階認証を有効にする
3.2段階認証の設定画面を表示する

2段階認証の設定はGoogleアカウント単位で行います。2段階認証を有効にしたいGoogleアカウントでログインして下さい。

p1-1

画面右上のプロフィールアイコンをクリックし、表示された画面の中の「アカウント」をクリックして下さい。

p1-2

「アカウント情報」の画面が表示されます。

p1-3

「ログインとセキュリティ」の中にある「Googleへのログイン」をクリックして下さい。

p1-4

「Googleへのログイン」画面が表示されます。

p1-5

「パスワードとログイン方法」の箇所に「2段階認証プロセス」に関する項目があり、現在はオフになっています。2段階認証を有効にするには「2段階認証プロセス」の項目をクリックして下さい。

p1-6

「2段階認証プロセス」の画面が表示されます。設定を開始するには右下の「開始」をクリックして下さい。

p1-7

2段階認証では確認コードを使用します。一度2段階認証を有効にした後であればアプリを使った確認コードの取得方法などが選択できますが、最初はスマートフォンへのテキストメッセージ(SMS)か音声通話を使った確認コードの取得を利用します。使用する端末の電話番号とテキストメッセージか音声通話のどちらかを選択して下さい。

p1-8

今回は「テキストメッセージ」を選択しました。(音声通話を選択した場合はあとで確認します)。選択が終わりましたら「次へ」をクリックして下さい。

p1-9

入力した電話番号宛にテキストメッセージが送信されます。6桁の確認コードが表示されていますので、PCの画面上で確認コードを入力して下さい。入力が終わりましたら「次へ」をクリックして下さい。

p1-10

最後に確認画面が表示されます。2段階認証を有効にしていい場合は「オンにする」をクリックして下さい。

p1-11

2段階認証が有効になりました。

p1-12

先ほどは最初の確認コードを取得する方法として「テキストメッセージ」を選択しました。この画面で「音声通話」を選択した場合の手順についても確認してみます。「音声通話」を選択してから「次へ」をクリックして下さい。

p1-13

入力した電話番号宛に自動通話による電話がかかってきます。電話にでると確認コードに関するメッセージが流れますので、その確認コードをPCの画面上で確認コードを入力して下さい。入力が終わりましたら「次へ」をクリックして下さい。

p1-14

最後に確認画面が表示されます。2段階認証を有効にしていい場合は「オンにする」をクリックして下さい。

p1-15

2段階認証が有効になりました。

p1-16

2段階認証が有効になっている場合に、2段階認証の設定画面から追加の確認コードの取得方法を設定したり2段階認証を無効にすることができます。設定画面を表示するには、まず対象となっているGoogleアカウントでログインして下さい。

p1-17

画面右上のプロフィールアイコンをクリックし、表示された画面の中の「アカウント」をクリックして下さい。

p1-18

「アカウント情報」の画面が表示されます。「ログインとセキュリティ」の中にある「Googleへのログイン」をクリックして下さい。

p1-19

「Googleへのログイン」画面が表示されます。「パスワードとログイン方法」の箇所にある「2段階認証プロセス」に関する項目をクリックして下さい。

p1-20

2段階認証の設定画面が表示されました。

p1-21

2段階認証に関する色々な設定はこの画面から行っていくことになります。

Googleアカウントの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )