予備のメールアドレスをGoogleアカウントに追加

広告

Googleアカウントではメインのメールアドレスとは別に予備のメールアドレスを追加することができます。追加された予備のメールアドレスを使ってGoogleアカウントにログインすることもできます。ここでは予備のメールアドレスをGoogleアカウントに追加する方法について解説します。

1.予備のメールアドレスの追加
2.追加した予備のメールアドレスでGoogleアカウントにログイン
3.予備のメールアドレスに追加できないメールアドレス

予備のメールアドレスを設定するには対象となるGoogleアカウントでログインして下さい。

p1-1

画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示された画面の中の「アカウント」をクリックして下さい。

p1-2

「アカウント情報」の画面が表示されます。

p1-3

「個人情報とプライバシー」の中にある「個人情報」をクリックして下さい。

p1-4

「個人情報」の画面が表示されます。「メール」の個所をクリックして下さい。

p1-5

「メールアドレス」の画面が表示されます。「詳細設定」の個所をクリックして下さい。

p1-6

「予備のメールアドレス」の中にある「予備のメールアドレスを追加」をクリックして下さい。

p1-7

予備のメールアドレスとして設定するメールアドレスを入力し、その後で「追加」をクリックして下さい。

p1-8

予備のメールアドレスが追加されました。まだ確認が完了していない状態のため「確認待ち」と表示されています。先ほど入力したメールアドレス宛に確認メールが送信されています。

p1-9

届いたメールに記載されているリンクをクリックするとメールアドレスの確認が完了します。これで予備のメールアドレスの追加は完了です。

p1-10

ではいったんGoogleアカウントからログアウトして頂き、先程Googleアカウントに追加した予備のメールアドレスでGoogleアカウントにログインしてみます。なおログインする時に使用するパスワードは、メインのメールアドレスでログインする時のパスワードを使用します。

p1-11

p1-12

ログインに成功しました。

p1-13

ログイン後に画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックすると、メインのメールアドレスでログインした時と同じ表示がされます。このように予備のメールアドレスでログインした場合でもメインのメールアドレスでログインした場合と同じように扱われるようです。

p1-14

予備のメールアドレスには既に他のGoogleアカウントの予備のメールアドレスとして追加されているメールアドレスは利用できません。またGmailのメールアドレスも既存のGoogleアカウントと1対1で対応していますので、他のGoogleアカウントの予備のメールアドレスとして追加することはできません。

既に他のGoogleアカウントに追加されているメールアドレスを追加しようとすると次のようにエラーが表示されます。

p1-15

なお予備のメールアドレスではなく再設定用のメールアドレス(Gmailの予備のメールアドレス)には他のGoogleアカウントで使用されているメールアドレスでも追加することができます。

Googleアカウントの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura )