Google Maps入門(Google Maps JavaScript API V3)

広告

Google Mapsとはグーグルが提供している無料地図サービスです。このGoogle Mapsを自分のサイトやWebアプリケーションとして利用できるように提供されているのがGoolge Maps APIです。

Google Maps APIを使えば指定の座標の地図を表示させ、独自の画像を使ったマーカーを地図上に設置したりや任意の線を地図上に描くことが可能です。またデータベースなどと組み合わせ独自の地図情報アプリケーションを作成することも可能です。ここではGoogle Maps APIの使い方の解説をメインに、Google Mapsの便利な使い方なども解説していきます。

※ Googleマップを利用者として使う場合の使い方については「Googleマップの使い方」を参照されて下さい。

関連カテゴリ:JavaScript入門

参考サイト:Google Maps JavaScript API | Google Developers

Google Maps APIの基本

Google Maps APIを利用する基本的な知識と地図を指定した方法で表示する方法を確認します。

オーバーレイの配置

地図上にマーカーや情報ウィンドウなど様々なオーバーレイを配置する方法を確認します。

イベント処理とデータ管理

地図上でのイベント処理やデータの管理方法などについて確認します。

その他の機能とサンプル

地図上でのイベント処理やデータの管理方法などについて確認します。

本ホームページ内の文書中の登録商標は、一般にその所有者のものです。
本ホームページは Google, Inc. 及び グーグル株式会社が後援または提携するものではありません。
Google Maps は Google Inc. の登録商標です。

( Written by Tatsuo Ikura )